カテゴリー「記憶の中のレストラン」の1件の記事

2007年6月18日 (月)

蕎麦と将軍

「そばでも、食べに行く?」
「えっ、おごってくれるんですか?」
僕が声をかけると、大学生アルバイトの谷口君は速攻で返事を返してきました。
梅雨の合間の、よく晴れ上がった日でした。
数年前、僕がC市にある店に勤務していた頃の話です。

 その頃僕には気になっているお店がありました。
僕の店から 1.5kmほど離れたところを、「Q街道」という江戸時代からの旧道が走っているのですが、その店はその道沿いにあります。
何でも「Q街道」は、将軍が鷹狩りに行くために造られたらしいのですが、ある特徴があります。
それは、道が一直線に造られていることです。
特に店の近くでは本当にまっすぐの区間が、8kmぐらいあります。
これは当時の街道としては、

人気blogランキングへ


続きを読む "蕎麦と将軍"

| | コメント (0) | トラックバック (0)