カテゴリー「バイク雑記 」の5件の記事

2007年10月 8日 (月)

おやすみ、ノリック

 突然の訃報でした。
オートバイレーサーの、阿部典史さんが逝ってしまいました。
友人からそのニュースを聞いて、すぐに思い出したのは四年前の、加藤大治郎選手の事故死でした。
加藤選手はレース中の事故でしたが、阿部選手は一般公道での交通事故のようです。
片側二車線の道路で、阿部さんは右側車線を走っていたそうです。
そして左側車線を走っていたトラックがUターンをしようとしたところに、突っ込んでしまったということです。
トラックの運転手は、

続きを読む "おやすみ、ノリック"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月14日 (木)

車とバイクと、スローライフ

以前、少しスローライフに切り替えていく為に、車を買い換えたと書きました。
今までの車とは全く違うタイプの車です。
これまで僕が車に求めていたものは、加速性能でした。
信号待ちで、他車に先を越されるのはいやだったからです。
といっても、常にカリカリとして車を走らせていたわけではありません。
いざという時に車列を追い越し、先頭に出られるという裏付けさえあれば、我慢できました。
ということに、しておきます(^^ゞ

やはり以前の記事に、カワサキのZZR-1100で最高速に挑戦した話を書きました。
   世界最速のバイク、ZZR-1100 PART 1
バイク乗りから車に乗り換えた人間は、往々にして加速(馬力)を重視する傾向があります。
実は、加速でバイクに負けるのも本当はいやです。
(これは、バイクを降りてしまった後ろめたさからくるのですが)
ですから、これまで乗った車はすべて2ドアタイプで、エンジンはDOHCでした。
さらにここ10年は、ターボ付きのFR車しか乗っていません。
これまで乗っていた、S車の出力は280PSでした。
しかし今回買い換えたA車は、

人気blogランキングへ

続きを読む "車とバイクと、スローライフ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月17日 (土)

HONDAが生み出した優等生ナナハン、VFR750F

VFR750Fは、僕が大型免許をとってすぐに買ってしまったバイクでした。
大型免許を取る前は、合格してもしばらく我慢してお金を貯めてから購入しようと思っていました。
しかし大型免許を取得できた喜びで、試験場からの帰りにバイク屋に飛び込んで注文してしまいました。
SUZUKIの逆輸入車、GSX-R1100とどちらにしようか迷いましたが、VFR750Fにしました。
いきなりリッターバイクもどうかと思ったのと、ちょうどマイナーチェンジがあって、タンクの形が不細工になってしまい、カラーリングも気に入らなかったのでVFR750Fにしました。
この選択は、所有する喜びという点では間違っていたかもしれません。
GSX-R1100は乾燥重量197kg、対するVFR750Fは199kgです。
取り回しという点では大差ありません。
ただ、GSX-R1100の方が、足つき性が悪く、ポジションが前傾姿勢で長距離ツーリングには不向きでした。
パワーはGSX-R1100が130ps、VFR750Fが77ps。
VFR750Fは国内仕様なので77psでした。
北米仕様は100psだったと思います。
パワーでは勝負になりません。
この点では、購入後多少後悔しました。
しかし、色んな点でVFR750Fはバランスの取れたマシンだったと思います。
なにしろ、

人気blogランキングへ

続きを読む "HONDAが生み出した優等生ナナハン、VFR750F"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月16日 (金)

世界最速のバイク、ZZR-1100 PART 2

ZZR-1100の限界を探る為、J自動車道Kトンネルで最高速に挑戦した僕ですが、少し誤算がありました。
トンネルの長さは約1500mです。
突入時点での時速は180キロでした。
横風の影響を受けないトンネル内で、最高速を出そうとしたわけです。
しかし、1500mと言う距離も、時速200キロを超えるスピードでは通過に30秒もかかりません。
さすがの、ZZR-1100も230キロを超えると加速が鈍り、速度計の針も、じりじりとしか上がらなくなりました。
はるか先に点のように見えていた出口の明かりが、みるみるうちに大きくなっていきます。
あと数秒で出口まで達してしまうと分かり、僕は選択を迫られました。
その時点で、速度はメーター読みで250キロ。
このまま、加速を続けるか、それともあきらめるか・・・

人気blogランキングへ

続きを読む "世界最速のバイク、ZZR-1100 PART 2"

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2006年6月15日 (木)

世界最速のバイク、ZZR-1100 PART 1

時速250キロを超えるスピードで走るバイクのフレームがきしむ感覚は、僕の味わった恐怖の中で最大級のものです。
僕にその感覚をもたらしてくれたのは、カワサキのZZR-1100でした。
通勤用として買ったのですが、あまりに高性能すぎてその力をもてあましぎみでした。
ファミレスの社員は、退社時間が公共交通機関の止まった後になることが多いので、車で通勤することになります。
しかし店までの経路に渋滞が多発する道があったりすると悲惨です。
ただでさえ勤務時間が長くて疲れているのに、帰宅に時間がかかってしまうと、睡眠時間が削られてしまいます。
10年ちょっと前ですが、当時副店長だった僕はそういう境遇にありました。
異動して、それまでより通勤距離が倍になったのですが、所要時間は4倍になりました。
距離にして、30キロぐらいだったのですが、その間に渋滞の名所が3カ所もあったのです。最悪の場合2時間ちかくかかったこともありました。
副店長だった僕の勤務シフトは、朝6時までの深夜帯が多かったので、ちょうど帰りが朝の通勤ラッシュにひっかかるのです。
ある日、僕は遅々として進まぬ運転席で、路側帯をすり抜けていくバイクを見て思いました。

「そうだ、 バイクで行こう!」

買ったマシンは、当時世界最速の市販車であった、カワサキの、
ZZR-1100でした。
排気量、1053cc
出力、 147ps
モンスターバイクです。
もともと僕は、

人気blogランキングへ

続きを読む "世界最速のバイク、ZZR-1100 PART 1"

| | コメント (1) | トラックバック (0)