« 花火の夜の物語 83 | トップページ | 花火の夜の物語 84 »

2009年5月 3日 (日)

オレンジ号に乗って

 忌野清志郎さんが逝ってしまわれました。

 80年代、まだ僕が生意気なガキンチョだった頃。
僕の生まれる前から活動していたRCサクセションは、すでに人気バンドだったと思います。

 特異なファッションに、独特の演奏スタイル。
忌野という、実に思い切った名前……

 しかし正直言って、いくつか好きな曲はあったものの、もともと洋楽指向だった僕は

人気ブログランキングへ

 あまり熱心なファンではありませんでした。

 当時、日本のバンドでよく聞いていたのは、「THE STREET SLIDERS」と「THE MODS」でした。
彼らの曲は中学時代に何曲かコピーしたことがあります。
超下手くそで、話しにならないレベルでしたが……
(カセットが残っているのが、恥ずかしい…… たまに無理やり聞かされるという拷問を友人から受けます。そんな危険物は処分したいですが、あいにくと僕の所有物ではないのでどうしようもありません……)

 しかし僕の好みなんてどうでもいいわけで、月並みな表現ですがRCサクセションが日本の音楽界に残したものは大きいと思います。

 今日は忌野さんがゲスト出演したCharの番組「Char meets ???? TALKING GUITARS」#10を見ました。
時間がなくて全部は見れませんでしたが……

 この番組の中で忌野さんが弾いているのを見て衝動買いしてしまったのがFERNADESの「ZO-3」です。
僕が一番最近買ったギターということになります。 

忌野さんのZO-3はオリジナルペイントが施されていて、自転車「オレンジ号」のイラストも描かれていました。

 今頃はきっと天国で、オレンジ号のペダルをこいでいることでしょう。

「Char meets ???? TALKING GUITARS」の対談集です。忌野さんと、Char の対談が収録されています。

|

« 花火の夜の物語 83 | トップページ | 花火の夜の物語 84 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179348/44890106

この記事へのトラックバック一覧です: オレンジ号に乗って:

« 花火の夜の物語 83 | トップページ | 花火の夜の物語 84 »