« どうしてETC搭載車が増えたのに、渋滞がひどくなるの? | トップページ | オレンジ号に乗って »

2009年5月 2日 (土)

花火の夜の物語 83

花火の夜の物語 82からつづく
 スイングドアの窓越しにS君の姿を確認して、僕は八木さんの方を振り返りました。

 八木さんは左手を顔の前で左右に振りました。
いったいそれは何を意味しているんだか?

 彼女は、僕の「気づいていなかったわけないよな」という、非難の目を意に介するようすもなく、手際よくテーブルの上を片付けました。

 S君はスイングドアを腰で押し開けながら、休憩室に入ってきました。
そして八木さんは満面の笑みをたたえて、彼を迎えました。

「いらっしゃいS君。さっ、お話ししましょ」
「おい……」

  ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

 数日後、ランチタイムが終わった午後二時。
僕は玄関から延長ホースを引っ張って、駐車場に

人気ブログランキングへ

 水をまいていました。
まず店の回りの植栽に水をかけて、ほこりや車の排気ガスで、くすんだ色になっている葉っぱの汚れをを洗い流しました。

 それだけで緑が太陽に反射して、眩しいぐらいになります。
心なしか温度も下がったような気がしました。

 その後は駐車場と店の前の歩道に打ち水をします。
僕が入社した頃は、前面の道路にも水をまいていました。

 それを教えてくれた店長が僕に言いました。
「道路に水をまくと、そこだけ色が変わって目立つようになるんだよ。運転席から見たときにね」

 僕はそんな事で店を目立たせる効果があるわけないと思いましたが、ぺーぺーの新入社員の立場では「はいっ」と答えて、指示通りにするしかありませんでした。

 本当は道路には水をまきたくなかったのです。
入社して通勤には車を使うしかないということで、泣く泣く愛車を手放しましたが、それまで僕は生粋の「バイク乗り」でした。

 84につづく
 01はこちら

 日付順のインデックスへ
 TOPページへ

人気ブログランキングへ ランキングに参加していますので、よろしくお願いします。

|

« どうしてETC搭載車が増えたのに、渋滞がひどくなるの? | トップページ | オレンジ号に乗って »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179348/44886646

この記事へのトラックバック一覧です: 花火の夜の物語 83:

« どうしてETC搭載車が増えたのに、渋滞がひどくなるの? | トップページ | オレンジ号に乗って »