« RETURN TICKET Ⅰ | トップページ | 花火の夜の物語 76 »

2009年4月12日 (日)

RETURN TICKET Ⅱ

 それから同業他社?の本部にお勤めの方からもコメントをいただきました。
「参考にしています」とのことですが、何の参考になったのやら……

 本部に関してはあまりいいことを書いていないように思うのですが、まあ要するにグチですからご容赦を……

 と言っておいて、あえて空気を読まずにもう一言グチを。

人気ブログランキングへ

 僕たち店長は、原価や人件費の削減など、時に理不尽だと思う要求をされることもあります。

「そりゃあ、無理でしょう、ふつうじゃ……」

 と思いますが、まさに普通じゃないことを本部は要求しているわけです。
実は分かっているんだと思います。

 本部のスタッフのパソコンの中にどんなExcelのファイルがあって、それがどんな計算になっているのか僕は知る由もありません。

「事件は現場で起こっているんだ!会議室で起こっているじゃない!」ってとこです

 そうはいっても僕たちも、まんざらバカではありません。

 それに関してはこのご時世、ぐだぐだ言っても努力するしかないわけで、それしか道はありません。

 幸いうちの地区は数字さえ出せば、グチの部分はSVの所で止めてくれるので、皆がんばっています。
(……ってSV? まさか裏切っちゃあいませんよね。だったらもう、ついていけませんぜ、ボス!)

 コメントをいただいた方が、どの部署に勤務されているのかは分かりませんが、僕を含めて現場の店長が声を大にして言いたいことがあります。

 経費の削減、サービスの向上、清掃、人員計画。
これらに関する要求は、それがどんなことであれ、会社が生き残るために必要ならばがんばります。
それが僕らの責務ですから……

 失敗すれば処分も仕方がないでしょう。

 しかしレストランとして最も重要な要素でありながら、店長が一切タッチできないことがあります。

 それは「メニュー」と「価格」です。
スーパーなどと違って、何をいくらで売るかの権限は店長にはありませんし、品揃えに工夫もできません。
どんなに売れないアイテムでも、メニューに載っている以上、用意しないといけません。
 それが原価とオペレーションに、○○い影響を与えます。

 個人経営のレストランならば最も重要であるはずのことを、僕らは本部にゆだねています。
もちろん、その反面で煩雑な仕事から逃れて楽をしているとも言えるのですが……

 しかし、うちの会社に限ったことかもしれませんが、メニュー政策に失敗しても本部の担当部署が責任を取ったという話しは、ついぞ聞きません。

 生意気を承知で言わせてもらえば、「ぬるいなあ」と思います……

 うちの会社は過去にメニューで大失敗をしていますが、当時の担当部署の部長は、今も役員です。

 当然失敗の責任はその部長だけにあるのではなく、競合他社の動向や社会情勢などが複雑に絡み合った結果です。
しかしサラリーマンは、結果ですからねえ……

 我々店長の場合は外部要因などを口にすると、すべて「言い訳」としてとらえられてしまいます。
それじゃあ詰め腹を切らされた○○さんは……

 このへんにしておきます。
一言と書きながら悪い癖がでて長々と書き散らしてしまいました。

 いろいろと書きましたが、それでも僕はこの仕事が好きなので、これからも続けていくつもりです。

 日付順のインデックスへ
 TOPページへ

人気ブログランキングへ ランキングに参加していますので、よろしくお願いします。

|

« RETURN TICKET Ⅰ | トップページ | 花火の夜の物語 76 »

コメント

不景気なので経費削減どこも大変ですよね。

昨日行ったショッピングセンターにはあふれるほどの家族連れ。高そうな子供服や、習い事とかお金かかりますね。

夕ごはんは、ハンバーガーとかにして節約するのかな。栄養バランスは、まあとりあえず。

ファミリーレストランが大好きな子供がいる家庭が自由に使えるお金が少ないから、ファミレスは大変ではないですか。

ライバルは百均回転寿司ですか。


投稿: ぱっくん | 2009年4月13日 (月) 13:31

 ぱっくんさん。
コメントありがとうございます。

 ファーストフードや、回転寿司なども、もちろんライバルです。

 しかし最近では(いや、かなり前から?)もっと手強いライバルがいます。

 それは外食の同業他社ではなく、コンビニ弁当や、スーパーの総菜コーナーです。

投稿: ばーど | 2009年4月15日 (水) 00:20

お返事ありがとうございます。

買って帰って、テレビ見ながら家で食べるんですね。

着替えてでも食べに行きたくなるようなメニューが必要ってことですね。


投稿: ぱっくん | 2009年4月15日 (水) 13:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179348/44654777

この記事へのトラックバック一覧です: RETURN TICKET Ⅱ:

« RETURN TICKET Ⅰ | トップページ | 花火の夜の物語 76 »