« ゴールデンウィーク・シャッフル Ⅱ | トップページ | ゴールデンウィーク・シャッフル Ⅲ »

2009年4月16日 (木)

卒業論文は、悠久の果てに……

 総アクセス数が、30万を超えました。
次にキリのいい数字になるのは、いつになるかわからないのでその瞬間を見たかったですけど、働いているうちに自然に越えていました。
ちょっと残念です……

 ブログというものが流行りだした頃、何が楽しくて、自分の日記を公開するんだと思っていました。

 有名人ならいざ知らず、

人気ブログランキングへ

 自分と関係ない人間が何をしたか、何を考えているのかなんて誰も興味がないんじゃないの?
そう思っていました。

 でも、あきっぽい僕が三年間も続けられたのですから、何か魅力があるんでしょう。
僕は未だにその理由が、はっきりとは分からないですけど……

 人に読んでもらうための文章なんて今まで書いたことがあるのは、テストや小論文の答案、卒論、会社の報告書…… そんなもんです。
その僕が、原稿用紙で3000枚分も文章を書いたなんてちょっと信じられません。

 僕が今まで書いた文章で一番長く、かつ一番苦労したのは大学の卒論です
それまでの成績は決して芳しくはなかった僕が、珍しく卒論では教授から高評価をもらいました。

 僕よりずっと成績がよく、累々と〝A〟を積み重ねてきた友人が「お前にしてはできすぎだ、いったいどこから引っ張ってきたんだ?」と疑いましたが、もちろん僕のオリジナルでした。

 大学四年間のうちで、真剣に勉強したのは卒論作成中の三ヶ月だけだったと思います。
それまでずっとサボってきたツケが一気に回ってきたとはいえ、あの時の僕はがんばっていました。

 でも今なら、もうちょっと楽に書けたんではないかと思います……

 最初の頃の記事を見ると、明らかに今より文章が下手くそで、何を言いたいんだか分からないものがあります。

 致命的な文法の誤りや、誤字脱字。
主語が書いていないので、意味不明。
文頭と文末で主語が、いつの間にか変わっているので文脈がバラバラ……
などなどです。

 とても恥ずかしいので修正したいですが、もはやそんな時間はありません。
それに読み返せば、即座に削除したくなる記事も多数あると思われます……

 しかし今は読んでくれる人のことを考えて書くように心がけたおかげで、内容に価値があるかどうかはともかく、文章はすっきりしてきたと思います。

 こうしてブログを続けているうちに、キーボードの打鍵速度も速くなったので、仕事上の実務にも少しは役立ちました。
(書類が以前の半分以下の時間で打てるようになった)

 ということで訪問してくれた方が、満足してくれたかどうかは置いておいても、僕にとってプラスになったことは間違いなく、それだけでも価値があったと思います。

 30万アクセス、ありがとうございました。

 日付順のインデックスへ
 TOPページへ

人気ブログランキングへ ランキングに参加していますので、よろしくお願いします。

|

« ゴールデンウィーク・シャッフル Ⅱ | トップページ | ゴールデンウィーク・シャッフル Ⅲ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179348/44702472

この記事へのトラックバック一覧です: 卒業論文は、悠久の果てに……:

« ゴールデンウィーク・シャッフル Ⅱ | トップページ | ゴールデンウィーク・シャッフル Ⅲ »