« 花火の夜の物語 76 | トップページ | ゴールデンウィーク・シャッフル Ⅱ »

2009年4月14日 (火)

ゴールデンウィーク・シャッフル Ⅰ

「だから早く出せって言っているだろう。お前のところが出ないと、他の店長も応援のスケジュールが組めないんだから。どこが人がいないのか、はっきりしろよ。これじゃ助けられないって」
珍しく、SVが吠えていました。

 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 先週末、4月の第2週、5月10日までのスケジュールをSVに提出しました。
人員的に厳しい店にヘルプを出すために調整が必要なので、締め切りが早くなっていました。
幸い僕の店は、八木君の手腕により人員の入れ替えが、うまくいったのでとりあえず心配はない態勢が組めます。
というか、本当はこんな人員ではどうしようもないというぐらいの、

人気ブログランキングへ

 入客が欲しいのですが……

 定額給付金や高速道路の1000円化の効果がいい形で出てくるといいと思います。

 先月から僕たち店長は一日も早くGWのスケジュールを出すようにSVから、うるさくいわれていました。
スケジュールが出ないことには、ヘルプの必要な店に応援を出すにも、計画が立てられないからです。

 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆

「どうすんだ、うちの優しい店長連中が助けてやるって言ってんだぞ。なのに肝心の、お前がそれじゃあ」

 4月のはじめのことです。
うちの地区で一番人員が厳しい店の店長である坂田君が、地区会議の後でSVから絞られていました。
僕はSVに用事があったので残っていました。

「そうなんですけど、今アルバイトみんなに頼んでいて、調整しているんです」
「それで何とかなるのか?」
「今よりは、ましなスケジュールになると思います」
坂田君は、消え入るような声で答えました。
「だからそれじゃだめなんだって。最終的にお前のところだけで何とかなるならいいよ。だけど無理なんだろう。だったら、穴だらけでもボロボロでもいいからスケジュールを出せって。他の店長だってできあがったスケジュールから人を抜かれるより、事前に言ってもらった方が無駄な調整しなくていいんだから。なぁ佐野?」

 ちょっと待ってSV、いきなり話しを振らないで下さいよ!

 ゴールデンウィーク・シャッフル Ⅱへつづく

 日付順のインデックスへ
 TOPページへ

人気ブログランキングへ ランキングに参加していますので、よろしくお願いします。

|

« 花火の夜の物語 76 | トップページ | ゴールデンウィーク・シャッフル Ⅱ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179348/44683859

この記事へのトラックバック一覧です: ゴールデンウィーク・シャッフル Ⅰ:

« 花火の夜の物語 76 | トップページ | ゴールデンウィーク・シャッフル Ⅱ »