« 早退してきました(と言っても8時間労働……) | トップページ | 花火の夜の物語 57 »

2009年2月 8日 (日)

東大阪市役所の展望レストラン閉店へ

 東大阪市役所の展望レストラン閉店へ

 閉店するのは、「グルメ杵屋」が経営する展望レストラン「オールウェィズ」で、閉店の理由は、
「人件費や家賃に見合う売り上げがなく、採算が合わなかったことが原因」
ということです。
地上22階、高さ約100メートルからの眺望が自慢の“名所”だったそうです。

 ちなみに家賃は20万円だそうですが、

_r

 これは安いです。

人気ブログランキングへ

 うちの店が土地のオーナーに払っている地代の数分の1です。
お役所の家賃は、そんなものなのでしょうか?
僕は店舗開発に係わったことはないのでよく分かりませんが、驚きました。

 出店するときには当然のことながら、採算ベースに乗るかどうか検討してから計画をスタートさせるはずです。

 当初の計画がどのくらいだったのかは分からないですが、本当に月20万円の家賃が経営を圧迫した原因だとすれば、恐らく日々の売上は10万円を切っていると思われます。

 これは60席というキャパに比べると非常に寂しいものです。
客単価は不明ですが、1日通して客席は2回転しないと思われます。
常にガラガラな店内の様子が目に浮かびます。
ランチタイムにも席は埋まらないはずです。

 1日の売上が10万円を切ってもそれなりに採算に乗せるのは不可能ではありません。
しかし60席という規模から考えれば、当初の予想を大きく下回っているのでしょう。
僕の想像が当たっていれば、営業を続けることは難しいでしょう。

 ここまで行くと店長の努力の範囲を超えています。
僕は心から、その店の店長に同情します。

 しかし本当に家賃が撤退の主要因なのでしょうか?
何か他に理由があるような気がするのですが……

 日付順のインデックスへ
 TOPページへ

人気ブログランキングへ よろしければ、ワンクリックをお願いします。

|

« 早退してきました(と言っても8時間労働……) | トップページ | 花火の夜の物語 57 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179348/44023251

この記事へのトラックバック一覧です: 東大阪市役所の展望レストラン閉店へ:

« 早退してきました(と言っても8時間労働……) | トップページ | 花火の夜の物語 57 »