« めざましテレビ | トップページ | Acronis True Imageと拡張パーティション »

2009年1月27日 (火)

最強のヒール復活か

 朝青龍が、おおかたの予想を覆して優勝しました。

 事前に出場すれば引退の危機になるというコメントを残していた、舞の海、やくみつる両氏が、どんなふうに言い訳するのか楽しみにしていました。

 舞の海氏は夕方のニュースで、「ごめんなさい」と書かれたテロップを掲げてコメントをしていました。
自分の見込み違いは認め、その上で他の現役力士の奮起を促すような内容だったような気がします。

 一方、やくみつる氏ですが、

人気ブログランキングへ

 一応優勝したことは認め、強かったという感想はのべたものの、僕が見た番組では「だまされるより、だます方が悪い」と、暗に朝青龍が場所前に不調を装っていたようなことを言っていました。

 これは見苦しいですね。
もしそうだとしても、それを見抜けなかった方が悪いのは明白で、普通はだまされた方の負けです。

 僕は朝青龍が、そういう小細工をしたとは思いませんが、もしそうだったとしても勝負の世界では、そんなのは常套手段だと思います。
横綱に品格を求める相撲界では、地位にふさわしくない行為と見るのかもしれませんが格闘技も戦略が必要なのは当たり前です。

 今さら朝青龍に品行方正な「大横綱」になってもらうのは無理です。
それならば、彼には史上最強の悪役力士として相撲界を盛り上げていく原動力になって欲しいと思います。

 これが最後のチャンスかもしれません。
相撲協会は、十数年ぶりに巡ってきたこのチャンスを逃すことの無いように、優秀なアドバイザーを迎えてプロモーションするべきだと思います。

 と、ここまで書いて思いましたが、やく氏の一連の発言は朝青龍を最強の「ヒール」として育てる意を持ってのことなのでしょうか?
やく氏は相撲界の再興のために、朝青龍を最大限に活かすように話題を作っているのでしょうか……

 だとすれば今日の記事は、僕の読み不足で、それこそ「だまされる方が悪い」ということになります。

 やく氏の真意や、いかに?

 日付順のインデックスへ
 TOPページへ

人気ブログランキングへ ランキングに参加していますので、よろしくお願いします。

|

« めざましテレビ | トップページ | Acronis True Imageと拡張パーティション »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179348/44023185

この記事へのトラックバック一覧です: 最強のヒール復活か:

« めざましテレビ | トップページ | Acronis True Imageと拡張パーティション »