« トレーニングは誰のため? | トップページ | ランチタイムの戦い 2 »

2008年11月13日 (木)

ランチタイムの戦い 1

 今日はちょっと疲れています。
午前中に、月に一度の検診に行ってきました。
PT-INRという血液の凝固能検査をするためです。
また、特に異常がないか医師に診察してもらいます。
そして4週分の投薬をしてもらうのです。

 ということで普段より早起きしたわけですが、店についてみるとアクシデントが、

人気blogランキングへ

 発生していました。
ランチタイムのキッチンをやってもらっている主婦の神田さんのお子さんが、発熱をしてしまったらしいのです。

 神田さんはお子さんを保育園に預けているのですが、そこでは発熱が38度を超えると「お迎え」に行かなければならないのです。

 普段はこういうときには近くに住んでいる、おばあちゃんに頼んで、とりあえず仕事が終わるまでは面倒を見てもらっているそうです。
しかし、あいにく今日はおばあちゃんが外出中で連絡が取れないとのことです。

 携帯は持っているのですが時々家に忘れたりしているらしく、連絡が取れないということは恐らく今日もそうなのだろうと神田さんは言っていました。

 保育園が預かってくれない以上、誰かが迎えに行かなければならないわけで、それが可能なのは神田さん自身しかいません
僕はすぐに帰ってお子さんを迎えに行くように神田さんに言いました。

 みんな、こういうときは協力的です。
いつ自分の身に降りかかるか分からないことだからです。
困ったときは助け合うということです。

 しかし同じ助け合うのでも、保育園がもう少し早く連絡してくれればスケジュールを変更できたのにと思いました。
今日が休みのメンバーに頼めば、誰かが代わりに出勤してくれたかもしれないからです。

 しかしもはや12時直前で人員の補充は無理です。
何とかするしかありません。

 2につづく

 日付順のインデックスへ
 カテゴリ別のインデックスへ
 TOPページへ

人気blogランキングへ

|

« トレーニングは誰のため? | トップページ | ランチタイムの戦い 2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179348/43125577

この記事へのトラックバック一覧です: ランチタイムの戦い 1:

« トレーニングは誰のため? | トップページ | ランチタイムの戦い 2 »