« 花火の夜の物語 13 | トップページ | 花火の夜の物語 14 »

2008年10月20日 (月)

地の花 F1

 F1上海グランプリが終わりました。
一位 ハミルトン
二位 マッサ
と言う結果でした。

 これで最終戦までチャンピオン争いが持ち越しになりました。
去年のような混戦ではありませんが、見応えのある試合になりそうです。
僕はマッサを応援しているんですが、形勢は圧倒的にハミルトンが、

人気blogランキングへ

 有利な状況です。
次のブラジルGPでマッサは優勝か、少なくとも二位に入れなければ、その時点でハミルトンのチャンピオンが決定です。

 マッサが優勝した場合でも、ハミルトンが五位以上ならハミルトン。
マッサが二位の場合はハミルトンは七位以上でチャンピオン確定です。

 普通に考えて、予選で大失敗をするとか、マシントラブルに見舞われリタイヤするとかいったことがハミルトンに起こらなければ、五位以内という目標は楽勝だと思います。

 しかしブラジルはマッサの地元だし、彼は相当に気合いの入った走りをしてくれるでしょう。
間違っても見たくないのは、勝ちをあせったハミルトンがレース中に危険な行為をしてペナルティーを喰らい、そのことが原因でマッサ勝利という展開です。
そのときは後味が悪い試合になってしまいます。

 日付順のインデックスへ
 カテゴリ別のインデックスへ
 TOPページへ

人気blogランキングへ

|

« 花火の夜の物語 13 | トップページ | 花火の夜の物語 14 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179348/42856166

この記事へのトラックバック一覧です: 地の花 F1:

« 花火の夜の物語 13 | トップページ | 花火の夜の物語 14 »