« 連休終了 | トップページ | 花火の夜の物語 10 »

2008年10月15日 (水)

花火の夜の物語 9

 花火の夜の物語 8からつづく
 僕はK君に「文句を言うなら、Tさんだろう」などと言ってしまったことを激しく後悔しました。
話しのながれで、Tさんと言ってしまったんですが、明らかに間違いです。

 K君が行くべきなのは、Yさんの所でしょう。
理由はどうあれ、Tさんの代わりにシフトに入ることにしたのはYさんだし、K君と約束をしたのもYさんです。

 当事者のYさんがそれをふまえて決めたことなのに、

人気blogランキングへ

 彼女を飛び越してTさんの所に行くのは筋違いというものです。
Tさんが脅迫でもしたというなら別ですが……

 Yさんの立場になって考えれば分かりますが、K君の行動はどう見ても男らしくありません。Yさんが引き受けたことに、たとえ彼氏とはいえ口をはさまれれば、彼女の面子をつぶすことにもなります。

 今回YさんはK君よりも、Tさんとの友情を取ったわけですから、ここは素直に認めて一時撤退するべきだったと思います。

 こんな時に、いい、悪いもないですが、誰が悪いかと言われれば、それはYさんです。
ですが悲しいかなK君には、Tさんが悪いように見えてしまったようです。
かくいう僕も、K君の立場だったら冷静に判断できたかどうか自信はありませんが……

 このままではK君が計画した、Yさんと行く花火大会はやって来ません。
しかし、たとえシフトを元に戻したとしても、「楽しい花火大会の夜」がやってくるかと言えば、そんなことはありえないでしょう。

 つまりどっちに転んでも、すでにK君の計画は破綻してしまったのです。
ならばここは男らしく、勇気ある撤退を選ぶべきだったと思います。

 10につづく
  01はこちら

 日付順のインデックスへ
 カテゴリ別のインデックスへ
 TOPページへ

人気blogランキングへ

|

« 連休終了 | トップページ | 花火の夜の物語 10 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179348/42801026

この記事へのトラックバック一覧です: 花火の夜の物語 9:

« 連休終了 | トップページ | 花火の夜の物語 10 »