« 地の花 | トップページ | 花火の夜の物語 8 »

2008年10月12日 (日)

花火の夜の物語 7

 花火の夜の物語 6からつづく
 花火大会の日は絶対に休みたいK君。
それほどでもないYさん。

 展開は前日……

  Yさんが僕の所にやって来て言いました。
「店長、わたし明日、シフトに入ることになりました」

人気blogランキングへ

 意外な話しだったので、僕は聞いてみました。
「でも、明日は花火大会に行くんじゃなかったっけ?」
「いいんです、それは…… しかたないですから」
「代わりにTさんを休ませてあげて下さい」

 TさんはYさんと同じ学年の高校生です。
僕の店では病気などの場合以外で急に休む時は自分で代役を探すことになっています。
「Tさんから頼まれたの?」
「はい」
「でも、それってまずくないか?」
「まずいけど、いいんです」

 よくはないだろうと思いました。
K君の顔が脳裏をかすめたからです。
しかし、こういうときは当人どおしでバックアップしてもらうことになっています。
一度出したスケジュールを僕がいじることは基本的にありません。
当事者二人が相談して決めたことであれば、尊重します。

 店長として逃げではないかと思われるかもしれませんが、こういうふうにした方がいいのです。

 08につづく
  01はこちら

 日付順のインデックスへ
 カテゴリ別のインデックスへ
 TOPページへ

人気blogランキングへ

|

« 地の花 | トップページ | 花火の夜の物語 8 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179348/42782914

この記事へのトラックバック一覧です: 花火の夜の物語 7:

« 地の花 | トップページ | 花火の夜の物語 8 »