« 花火の夜の物語 3 | トップページ | 花火の夜の物語 5 »

2008年10月 6日 (月)

花火の夜の物語 4

 花火の夜の物語 3からつづく
 ファミレスは外食産業というくらいで、文字通りお客さんが「外に出て」くれなければ話しになりません。

 ですから家の中にいても十分楽しめることがあると売上は下がります。
今年の夏の場合はオリンピックでした。
半分は売上が悪かった言い訳ですけど……

 さて今年の夏に店の近くでたくさんの人が外に出るイベントというと、その一番は花火大会でした。
天気さえよければ、夏休み最高の人出が望めます。
ただし、

人気blogランキングへ

 それも夜だけです。
花火大会が終わった後は混みますが、その反面開催中や、始まる前は閑古鳥が鳴いているので一日トータルでの売上は普段の日曜と大差ありません。

 むしろ一気に入る入客に備えて人員配置をしなければならないので無駄が多く、人件費がかさみます。

 とにかく、花火がはねると一気に満席になるのでそれに備えた人員確保の必要があります。
花火大会の終了時間は20時45分の予定です。
それまでガラガラだった客席が、21時には満席になりウェイティングがかかります。
入り口にはお客さんがあふれ、駐車場は満車です。

 普段は高校生のスケジュールは21時までですが、その日はギリギリの22時まで引っ張って、21時からの大学生、フリーターのメンバーとダブルでシフトを組みます。
花火大会の日の21時から22時までは1年を通じて、同時にシフトに入る人間が最も多い1時間です。

 しかし人員の確保がむずかしくて、店長は相当前から水面下で画策します。
春以降のアルバイト募集では、花火大会とお盆に出勤できない人間は原則採用しません。

 人員の確保が難しくなり、みんなが休みたがるのは、高校生にとって花火大会が特別な日なためらしいです。
花火は付き合っている人間と一緒に見たいらしいのですが、僕にいわせると迷惑な話です。

僕は「花火大会を一緒に見たカップルは夏が過ぎると、別れるらしいよ」などという、どこかで聞いてきた都市伝説を流布して何とか彼らの計画を阻止しようと企みますが、効果はありません。
普段は、こんな話しが大好きなくせに……

 05につづく
  01はこちら

 日付順のインデックスへ
 カテゴリ別のインデックスへ
 TOPページへ

人気blogランキングへ

|

« 花火の夜の物語 3 | トップページ | 花火の夜の物語 5 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179348/42721051

この記事へのトラックバック一覧です: 花火の夜の物語 4:

« 花火の夜の物語 3 | トップページ | 花火の夜の物語 5 »