« 壊れたiPhoneの置きみやげ Ⅵ - iPhoneがPIO病の原因になる? | トップページ | 腕時計のリハビリ - 僕のサブマリーナ Ⅰ »

2008年9月23日 (火)

長年のツケが廻ってきたようです

 日中はまだまだ暑いですが、夜になるとそれなりに涼しくなって秋になったような気がします。

 今年の夏は個人的にも、店としても、はたまた会社としても良いことの少ない季節でした。
汚染米騒動に巻き込まれずにすんだのが、せめてもの幸いです。
(今後小出しにニュースが出てくることがないとは言えませんが…… でも大臣も代わることだし、そのような事実があれば新内閣にツケを回すようなことはないでしょう)

 もしうちの会社が、汚染米を使用するような事態になっていれば、

人気blogランキングへ

 いったい誰が責任を取ったのでしょうか?
ちょっと疑問です。

 うちの会社はメニュー政策に失敗しても、商品部の幹部の首は飛びませんから……
利益が予算を下回っても営業部長の首が飛ぶことがないのも同じです。
店長の首は比較的簡単に飛びますけど。

 もちろん、もし降格になっても、今まで自分より下であった人間の元で働く覚悟があれば別ですが、たいていは退職しますね。
ファミレスの店長は、幹部とは言えませんが、一週間に一回か二回、SVにあうとき以外は上司がそばにいません。
少なくとも目に届く範囲に、自分より上の人間がいないのは確かなので割と自由に仕事ができます。
今さら、他人の下にはつけないのです。(猿山のボスのようなもの。若い雄に敗れれば群れを去る)

 しかし上の方の役員は、持ち回りで順繰りに各部の部長を努めているような気がします。
誰の目に見ても明らかな大失敗をした場合は部長を外れ、閑職に回されることはありますが(お客様サービス室担当 ≒ 苦情係とか)、それも1年後位には復帰します。

 そうでなくても、経理部長から商品部長に異動なんておかしいです。
もっと専門的に役職をこなしてほしいと、下に付く人間としては強く希望します。
過去には店舗経験の全くない、営業部長もいましたし……

 料理のプロであったら優秀とは限りませんが、商品部で現在メニューの選択に係わっていて、過去に手痛い失敗のある某人物は、もともとは……

 危ないのでこの先は書けません……

 まだ半分しか終わっていない時点であきらめるのもどうかと思いますが、今年は雌伏の年として来年度に、何としても業績回復を目指して人事の刷新を計るべきだと、営業の最前線の指揮官としては望みます。

 店長仲間には同意見のものが多いですが、影響力がないです。
せめて組合の委員長がもっと腹の据わった人間であればいいのですが、期待はできません。
うちの組合は御用組合で、委員長も出世のための腰掛けとして就任していますし……

 でも僕らにも漠然としてですが分かります。
後三年後にうちの会社が看板を守っているかどうかは、今が大事だということは。

 日付順のインデックスへ
 カテゴリ別のインデックスへ
 TOPページへ

人気blogランキングへ

|

« 壊れたiPhoneの置きみやげ Ⅵ - iPhoneがPIO病の原因になる? | トップページ | 腕時計のリハビリ - 僕のサブマリーナ Ⅰ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179348/42583921

この記事へのトラックバック一覧です: 長年のツケが廻ってきたようです:

« 壊れたiPhoneの置きみやげ Ⅵ - iPhoneがPIO病の原因になる? | トップページ | 腕時計のリハビリ - 僕のサブマリーナ Ⅰ »