« 八月のロシアンルーレット 「iPhone 2.0.2アップデート」 PART 6 | トップページ | 八月のロシアンルーレット 「iPhone 2.0.2アップデート」 PART 8 »

2008年9月 1日 (月)

八月のロシアンルーレット 「iPhone 2.0.2アップデート」 PART 7

 PART 6からつづく
 実はこのお話、一週間前に始まったので一応の決着を見ています。(一気に書いてしまう気力があればいいんですが、仕事もあるし……)

 ところで先週はトラブル解決に忙殺されていたおかげで全然気がつきませんでしたが、ソフトバンクがパケット定額の最低料金をドコモと同じ1029円に改訂したようですね。

 意外に早かったです。しかもドコモは10/1から、ソフトバンクは8/27からですでに始まっています。
iPhoneの最低維持費は予想通り2324円になったわけで、これは普通に安いですね。
8/19の記事に書いた最低料金にチャレンジしている安野君の友人は、意地でも達成すると言っているそうです。

 さて前回の続きに戻って、アップルの沢田さんが僕に提案したこととは、

人気blogランキングへ

 とりあえず今の状態でソフトバンクに行って現状を確認してもらってほしいということでした。
故障の診断はソフトバンクショップで行うことになっているので、いずれにしても一度足を運んでもらう必要があると言っていました。
故障の診断はソフトバンクショップで行うというので僕は少し安心しました。

 iPhoneの保証はソフトバンクが行うのではなく、アップルがやるということを聞いていたので、ひょっとしたら本体を回収の上でアップルに送付し、しかる後に故障かどうかの判断が下されるのではないかと恐れていたのです。
そうなれば少なくとも4~5日はかかってしまいます。

 しかしソフトバンクで故障診断って、大丈夫なのか?
そう思いました。
ショップにいるのはコンピュータのことなどまったく知らないと思われる「おねえさん」だけです。
小さい店なので、裏に店長が控えているということでもなさそうです……

 とはいっても、そんな事は僕にはどうでもいいことで、むしろその方が簡単に故障だと判断されそうで話が早くすむかもしれない……、そう期待しました。
自分のパソコンが悪いのか、iPhoneが悪いのかその時点では判然とはしませんでしたが、僕はiPhoneを疑っていました。

 翌日ソフトバンクショップに足を運び、僕は事情を説明しました。
購入した店でなくともかまわないということだったので、出勤途中に店の近くのソフトバンクショップの駐車場に車をすべり込ませました。

 一から説明したので時間がかかりました。
聞き役の「おねえさん」は大半を理解していないようでしたが。
あらかじめアップルの方から、事の経過をソフトバンクに連絡してくれればいいのですが、そのようなルートは両社の間に存在しないそうです。

 一通り説明すると、ソフトバンクの「おねえさん」は、僕のiPhoneの画面を見つめ、隣にいる同僚と何事かをささやきあいました。
距離が近いので、内容は僕にも聞こえました。

「ねえ、これって、この画面が出たらどうするんだっけ?」
「えっと、確かそれは……」

 PART 8につづく

 日付順のインデックスへ
 カテゴリ別のインデックスへ
 TOPページへ

人気blogランキングへ

|

« 八月のロシアンルーレット 「iPhone 2.0.2アップデート」 PART 6 | トップページ | 八月のロシアンルーレット 「iPhone 2.0.2アップデート」 PART 8 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179348/42355886

この記事へのトラックバック一覧です: 八月のロシアンルーレット 「iPhone 2.0.2アップデート」 PART 7:

« 八月のロシアンルーレット 「iPhone 2.0.2アップデート」 PART 6 | トップページ | 八月のロシアンルーレット 「iPhone 2.0.2アップデート」 PART 8 »