« WBCの権威 | トップページ | 月額2324円でiPhoneが持てるようになるかも? »

2008年8月24日 (日)

不透明は、不安の元

 北京オリンピックが終わりました。
これで期間中家でテレビを見ていた人達が、外に出てきてくれることを期待します。
そうすれば、ファミレスにも少しは入客が増えるのではないかと、夏休みの終わりにむけて淡い期待を抱いています。

 しかし本当は、そんな希望は幻想で、

人気blogランキングへ

 入客が急に増えることもないことは分かっています。

 外に原因を見つけようとしたって無駄なのです。
外部的な要因はすべての会社に平等に係わってくるからです。
売上ダウンがデフォルトであることを認めたくはないのですが、これ以上抵抗しても仕方がありません。

 だんだん直径が小さくなっていくパイをみんなで食い合うか、別の「パイ」を探すか……

 競争に打ち勝って既存のパイを獲得することは理想ですが、うまくいくとは限りません。
過去十年間、うちの会社はその点でうまく立ち回ってきたとは言えないからです。

 いくつか知りたいことがあります。

 もし今後数年間、会社のくりだす方針が失敗したらどうなるのか?

 そこのところをちゃんと考えた上で、出店、閉店政策を進めているのか。

 一番大事なメニューはどういう基準で決めているのか。

 人件費の削減と、サービスの質の維持は両立できる限度をすでに超えているということを考えているのか。

 僕たち下々には、具体的な営業指示しか回ってこないので、その背景にあるものが何なのか分からないと不安になります。

 僕は好きだから、この仕事を続けますが、若い人達はそうはいきません。
彼らは悩んでいます。
最近リーダークラスの社員から、そんな話しを聞くことが増えています。
早く何とかしなくてはいけないと思います。

 以前書いたこともありますが、何らかの原因で運営がうまくいかなくなった店舗から最初に抜けていくのは優秀なアルバイトです。
彼らは、余所にいっても働く場所が見つかるからです。

 残るのは、それほど重要ではないメンバー、あるいはいない方が良い人間です。
そこまで行ってしまうと、それらの残った人間と補充のために採用した新人だけの店ができます。

 もはや回復困難な状況です。
店長を代えて本部からサポート人員を出しても、体勢を立て直すのに最低数ヶ月かかります。

 会社全体としてそのような事態に陥らないように、経営陣には早めに手を打って欲しいと思います。
ファミレスは決して機械化できない、人間中心の会社なのですから……

 日付順のインデックスへ
 カテゴリ別のインデックスへ
 TOPページへ

人気blogランキングへ

|

« WBCの権威 | トップページ | 月額2324円でiPhoneが持てるようになるかも? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179348/42275684

この記事へのトラックバック一覧です: 不透明は、不安の元:

« WBCの権威 | トップページ | 月額2324円でiPhoneが持てるようになるかも? »