« 八月のロシアンルーレット 「iPhone 2.0.2アップデート」 PART 1 | トップページ | 八月のロシアンルーレット 「iPhone 2.0.2アップデート」 PART 3 »

2008年8月27日 (水)

八月のロシアンルーレット 「iPhone 2.0.2アップデート」 PART 2

 PRAT 1からつづく

Iphonej_2

 すべてはこのメッセージから始まりました。
2.0.2アップデートが発表されて一週間あまり。
僕のiTunesの次の更新確認日は25日でした。
そして25日の月曜日、家に帰ってからアップデートに挑みました。
指示通りに手順を進めていきましたが、延々待っても終わりません。

 いいかげん待ちくたびれたころ、上のメッセージが出たのです。
そして今度はiTunesがiPhoneを認識しなくなりました。
これが戦いの始まりです。

 まずやったことは、

人気blogランキングへ

 パソコンの再起動、iPhone以外のUSB機器の取り外し(マウス、キーボード、ディスプレイを除いて)
Norton Internet Securityははずせないので、それ以外の常駐ソフトの停止。

 これでだめでした。
この時点でソフトバンクに電話しました。
(後から考えると、最初からアップルに電話した方がよかったかも……)

 まずiPhoneの再起動、強制リセット、USBケーブルの抜き差しなどを試すように指示があり、パソコンも再起動するように言われました。
そんな事はとっくにやっているんだけどと思いながらも従いました。

 しかしそれでもiPhoneは認識されず。
次はiTunesを起ち上げた状態で、iPhoneのホームボタンを押したままUSBケーブルを接続するように言われました。

 これも失敗しましたが、もう一度リセットしてから試すと、うまく認識してくれました。
これで問題解決したかと安心しかけましたが甘かったです。
この後、アップデート作業に入ったのですが、
「iPhoneを更新できませんでした。不明なエラーが発生しました」となってしまいます。

 ソフトバンクのアドバイスは、別アカウントでログインして試すとうまくいくことがあるということでしたが結果はだめ。

 別のPCがあればそれも試してほしいと言われて、最近家で電源を入れるとこがめっきり少なくなったVAIOをカバンから引っ張り出してきました。

 しかしVAIOにはOutlookも入っていないし、アドレス帳もまったく違うものなので(仕事用とプライベート用に分けているので)元通りには復元できません。
iTunesもインストールされていなかったので、ダウンロードしてきました。
しかしVAIOによるアップデートは、すでに悲観的になっていた僕の予想を裏切り成功しました。

 晴れて僕のiPhoneは、バージョン2.0.2になったわけです。
この時点でもう後戻りはできない状態になっていたことには気づきませんでしたが……

 しかしアップデートはできましたが、このiPhoneは工場出荷時の状態に戻ってしまったので、このままでは使えません。
まっさらのiTunesには何のデータも入っていませんから、iPhoneの方にもアドレスや連絡先など何も入っていません……
このままでは使えません。

 そこで僕はデスクトップのデータを何とかして入れることにしたのですが……

 PRAT 3につづく

 日付順のインデックスへ
 カテゴリ別のインデックスへ
 TOPページへ

人気blogランキングへ

|

« 八月のロシアンルーレット 「iPhone 2.0.2アップデート」 PART 1 | トップページ | 八月のロシアンルーレット 「iPhone 2.0.2アップデート」 PART 3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179348/42296830

この記事へのトラックバック一覧です: 八月のロシアンルーレット 「iPhone 2.0.2アップデート」 PART 2:

« 八月のロシアンルーレット 「iPhone 2.0.2アップデート」 PART 1 | トップページ | 八月のロシアンルーレット 「iPhone 2.0.2アップデート」 PART 3 »