« 黒上げないで、赤上げて! | トップページ | あすは、なんの日? リンゴの日 »

2008年6月 8日 (日)

アウトドアライフの必須アイテム

 僕が働いている間に、電気の街で大変なことがあったようです。
夕方に出勤してきた安野君が教えてくれました。

 世の中色々なことがあるけれど、

人気blogランキングへ

 たまたまそこに居合わせた人は何という不幸な偶然に、出くわさなければならなかったのでしょう……
ご家族のことを考えると、胸が痛みます。

 秋葉原では近年、職質によって刃物を所持していたことが分かると摘発を受けるようです。
これはこれで正しく法律が運用されれば、社会の安寧のために有用でしょう。
しかし僕に言わせれば、実際には法律が正しく運用されているとは言えないようです。

 というか、法律に警察側からの抜け道があって、たとえ銃刀法に違反しない「刃渡り6センチ以内」の刃物でも、現場の警察官が危険だと判断すれば摘発の対象になるようです。

 カッターナイフとか、キーホルダーの先に着いた、刃が2センチくらいしかないオモチャのようなナイフでも警察官のさじ加減しだいです。
これはどう考えても不合理です。

 しかしそこまでやっても、今回のような犯行は防げませんでした。

 恐らく警察とマスコミは今後、銃刀法の規制強化という方向に世論を誘導していくのだろうと思います。
僕自身はナイフに特別な思い入れはありませんが、友人にアウトドアが好きな人間がいます。
彼は最近の傾向に対して、大いに不満を述べていました。

 彼は言いました。
「僕らのナイフより包丁の方がずっと危険だし、しかも街にあふれている。実際におこった刃物を使った殺傷事件も、ほとんどが包丁じゃないか。料理に包丁が必要なように、僕らにはナイフが必要なんだ」

 まあ正論だと思います。
同じ刃物を場合によって、危険な場合と、そうでない場合に分けることは運用上は仕方がないのかもしれません。
しかしその判断が、捕まえる側の警察官によって下されることには、危険な香りを感じます……

 本人は否定しますが僕から見れば、まぎれもなく「オタク青年」の安野君は別のことを心配していました。

犯人の部屋を家宅捜索したときに、「何が出てくるか?」です。

 場合によっては「安野君達」に、不都合なものが出てくるかもしれません。

 日付順のインデックスへ
 カテゴリ別のインデックスへ
 TOPページへ

人気blogランキングへ

|

« 黒上げないで、赤上げて! | トップページ | あすは、なんの日? リンゴの日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179348/41483422

この記事へのトラックバック一覧です: アウトドアライフの必須アイテム:

« 黒上げないで、赤上げて! | トップページ | あすは、なんの日? リンゴの日 »