« 381分の186 | トップページ | 六月の太鼓と、チャットモンチー »

2008年6月16日 (月)

パスタの親分

 梅雨が終われば本格的な、夏突入です。
この頃から、メニューの出筋の傾向が変わってくるので、発注に注意が必要になります。
天気予報も気になります。
ファミレスの店長が天気予報を気にするのは、ちょうど今頃と、台風の季節、あとは雪が降りそうなときです。

 ファミレスではすでに、冷製パスタの販売量が増えています。

 先日、店で冷製パスタの作り方についての、

人気blogランキングへ

 勉強会&試食会を行いました。

 実際に高校生、大学生を中心に、キッチン担当のアルバイトを集めて平日の夕方に行いました。
僕自身は、最初に一皿作って見せた後は、リーダーの八木君に任せました。

 八木君は名前は響子で女性ですが、親分肌なところがあり、高校生、大学生を相手させるには便利なので、僕は彼女を信頼して任せています。
ま、本人が「親分肌」なんて聞くと、おこるでしょうが……

 冷製パスタの調理に関しての注意点は単純です。

1 麺を、しっかりゆでる。かといってゆですぎはアウト
2 ゆであがった麺は、素早く氷水を使ってよく冷やす。
3 具材、ソース、皿、すべて冷たいものを用意する。
4 できあがったら、すぐに持って行く

 具材の下準備と、氷の用意さえできていれば、後は単純です。

 しかし調理自体は簡単な反面、冷製パスタの具材は数も多く下準備も大変です。
ですから、ピーク中に具材を切らすと大変です。
といっても、細かくきざむ野菜などもありますから劣化も早く、あまり大量に準備はできません。
冷たい具材は新鮮さが命ですから。
その辺が難しいところです。

 当日の出席者には、わざとゆですぎた麺を使ったものを試食させて、ボイル時間の大切さも分かってもらいました。

 最後に八木君は、今週の食事は練習のため全員冷製パスタを食べることを命じて、試食会は終わりになりました。
不満がある人間もいたようですが、このへんは八木君の真骨頂です。
有無をいわせませんでした。

 八木君が言わなければ、僕が自分で言おうと思っていたのですが手間が省けました。

 僕自身はあまり暑いのは好きではないのですが、多くの人が待望する夏は、すぐそこです。

 日付順のインデックスへ
 カテゴリ別のインデックスへ
 TOPページへ

人気blogランキングへ

|

« 381分の186 | トップページ | 六月の太鼓と、チャットモンチー »

コメント

ジャンル違いのブログを見ようと遊びに来てみました♪
こうして見ると新たな発見とか刺激があっていい感じですねw
長々すみません。これからも楽しいブログをよろしくです^^;
僕も自分のブログをレベルアップできるようにがんばります☆

投稿: アメリカ留学 | 2008年6月17日 (火) 19:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179348/41560502

この記事へのトラックバック一覧です: パスタの親分:

« 381分の186 | トップページ | 六月の太鼓と、チャットモンチー »