« 雨の日の、ゆうつ | トップページ | パスタの親分 »

2008年6月15日 (日)

381分の186

 ル・マンの24時間レースが終わりました。
最近はテレビでも放送がないので、寂しい限りですが日本での人気は取り戻せないんでしょうか?
グランツーリスモ4でも、ル・マンのコースが収録されていたので、それなりに知名度はあるはずなんですが……
今回は東海大学の学生が参加したチームが、出場していたので

人気blogランキングへ

 何とか完走して欲しいと思っていました。

 結果は惜しくも、というか、やはりというか、186週目でリタイヤしてしまったということです。
15日の午前8時45分にエンジントラブルでコース上で動かなくなったということなので、17時間45分走り続けたということなんでしょうか?

 結果は残念ですが、これは健闘したと言えるんではないでしょうか。
優勝したアウディチームは381周でゴールラインを越えたということですから、そのまま後48周走れば優勝チームの走行周回数の6割以上になり完走扱いになったはずです。

 コース上で止まらずにピットまで戻ってくることができれば、何とかなったかもしれないと思うと、返す返すも残念です。
もっともル・マンは1周13.629kmもあるので、コース上でトラブルが発生すると、場所によっては戻ってくることが難しいのだと聞いたことがあります。

 来年以降の参戦があるのかどうか分かりませんが期待しています。
といっても見られないんですよね。
昔はお祭りのように一日中、ル・マンの生中継をしていたのを考えると寂しい気持ちです。

 日本は、車もオートバイも世界一なのに、レースは人気がないんですね……

 日付順のインデックスへ
 カテゴリ別のインデックスへ
 TOPページへ

人気blogランキングへ

|

« 雨の日の、ゆうつ | トップページ | パスタの親分 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179348/41554292

この記事へのトラックバック一覧です: 381分の186:

« 雨の日の、ゆうつ | トップページ | パスタの親分 »