« 淡々と粛々と、時は過ぎ | トップページ | 133万円のデスクトップパソコン »

2008年5月 2日 (金)

「Office2007」がアマゾンで、8982円(送料込み)

 先月、このブログは「Nami2000」というアウトラインプロセッサーで書いていることを記事にしました。
しかし原因不明のトラブルで過去のデータが読み出し不能になってしまいました。
現時点ではココログからデータを引っ張ってくるしか方法がありません。
めんどくさいです!

 たぶん「Nami2000」が悪いのではなく、僕が妙なことをしたか、今使っているパソコンの環境のせいなのでしょう。

 ただ原因不明ということは、

 今後どうしたら、そのようなことを発生させないですむのかも分からないということです。

 そこで定番のエディタである「秀丸エディタ」を導入することにしました。
秀丸エディタは、一応アウトラインプロセッサの機能も有していますが、ドラッグによるデータの入れ替えができないので今まで使っていませんでした。
フリーソフトではなく、4200円のシェアウェアだということも躊躇していた理由です。

 しかし今後二度とこんなめんどうくさいデータのコンバートはやりたくないので、実績のある秀丸エディタにすることにしたのです。

 秀丸エディタを購入したのが、5日ほど前です。
そして今日、アマゾンを覗いていたら

「Office 2007 Personal アップグレード 特別優待パッケージ 」

 が安くなっていました。

 実は秀丸エディタに決める前は、一太郎やワードも検討しました。
ワード2003は持っているので、一太郎の体験版をインストールして両方試してみました。
どちらもアウトラインプロセッサの機能はあるのですが、今ひとつ僕の好みに合わず断念しました。

 そのとき「Office2007」がでているので、それも候補に入れましたがアマゾンでは売り切れていました。

 現在アマゾンでは「Office 2007 Personal アップグレード 特別優待パッケージが、8982円で売られています。
これは安いですね。
たまにアマゾンはこういう事をやってくれるので油断がなりません。

 価格コムによると現在の最低価格は、「イートレンド」の8702円です。
ただこれには送料が500円かかるので、送料のかからないアマゾンが最安値ということになります。

 ちょっと心を揺さぶられます。
「Office2007」は新しいインターフェースが一部で不評のようなので、どうしたものでしょう。
いくら使いづらくても「Office」は事実上のスタンダードですから、いずれマイクロソフトの軍門に下らなければならないのなら、早く乗り換えてしまった方がいいような気もします……

 しかし、「Office2007」は現在の「Windows Vista」と同じく不人気で、次のバージョンアップまで「Office2003」が使い続けられるのではないかという記事をどこかで読みました。
OSとちがって、それは十分考えられると思います。

 僕も「Office 97」をバージョンアップせずに「Office2003」まで、ずっと使い続けていました。
「Office2007」のインターフェースは不評なので、次のバージョンでは元に戻るのではないかとうがった考え方をしている人もいるようです。
せっかく新しいものに慣れても、そうなってしまえば目もあてられません。
真偽のほどはどうなんでしょう。

 今までマイクロソフトが、限定とはいえ一万円以下でバージョンアップ版を販売するなんて記憶にありません。
「Office2007」を普及させるために、なりふり構わず安売りしていると考えることもできるわけで、そう考えると「Office2007」は買わない方がいいという話しも見当はずれではないような気もします。

 ただ一点、「Office2007」で僕にとって重要な機能拡張がされています。
それは、
「Excel 2007の最大列数が従来の256列から1万6384列に、最大行数が従来の6万5536行から104万8576行に増え、行×列のセル数が従来の1024倍になった」
 ということです。

 ずいぶん前にExcelの列数が、256列しかないため無駄に複数のシートを使ってリンクしなければならなくて困ったことを書きました。
僕がまだキッチンにいた頃の話しで、発注量を算出するのにExcelを使っていたんですが、食材の数が300近くあったので、一枚のシートに収まらなかったのです。
何で?と思いましたが、僕の記憶する限り十数年間この機能は強化されませんでした。

 今さらという気もしますがこれは魅力かもしれません。
ただし今は発注量の算出は部下に任せているので、必要ないですが……

 特別優待パッケージは限定らしいので買うなら早くしなければなりません。
悩んでいます。

 日付順のインデックスへ
 カテゴリ別のインデックスへ
 TOPページへ

|

« 淡々と粛々と、時は過ぎ | トップページ | 133万円のデスクトップパソコン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179348/41070426

この記事へのトラックバック一覧です: 「Office2007」がアマゾンで、8982円(送料込み):

« 淡々と粛々と、時は過ぎ | トップページ | 133万円のデスクトップパソコン »