« 暫定税率と、究極の酷道425号 (国道) | トップページ | 淡々と粛々と、時は過ぎ »

2008年4月30日 (水)

ガソリンスタンドに損害は出ていないでしょ

 とうとう本当にガソリンが値上がりすることが決まってしまいました。
残念です。

 福田総理は「便乗値上げが無いよう監視していく」といったらしいですが、何を考えているのやら……

 便乗値上げも何も、

人気blogランキングへ

 ガソリン税は税金ですから全ての業者に平等に課されるわけです。
ということは、全てのガソリンの原価が上がるわけで、高くせざるを得ないわけです。

 それはそうとして、一つだけ気になることがあります。
ガソリンスタンド側の、「今月だけで損害が○○万円」という言い方には違和感があります。
価格を自由に決められる業態に於いては、商売に損害なんてありません。
僕も店長ですから原価と人件費に日々頭を悩ませています。

 ガソリンを盗まれでもしたのなら損害でしょうが、そうではありません、
ちゃんと物を売って、代金を受け取り、商売をしたわけです。
その上で利益が出ないのは単なる赤字で、経営する側の責任です。
誰も害を加えた人間はいません。

 利益が出なかったガソリン販売店の方には同情しますが、高く仕入れたガソリンを安く売って赤字を出したくなければ、値段を下げなければ良かったのです。
そういう選択肢もありました。
それを下げたのは経営判断であり、長期的に見た戦略でしょう。

 厳しいことを言うようですが、損害が出たなんて言っては負けです。
今回は、皆同じ条件で戦っているのですから……

 ガンバレ、ガソリン販売店!!

PS
 実は、叔父が郷里でガソリンスタンドを経営しています。
たまたま先日電話で話したときに、余りに愚痴が多いので辟易してしまいました。
今日の記事は実は、応援です。

 ガンバレ ○○おじさん!

 日付順のインデックスへ
 カテゴリ別のインデックスへ
 TOPページへ

人気blogランキングへ

|

« 暫定税率と、究極の酷道425号 (国道) | トップページ | 淡々と粛々と、時は過ぎ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179348/41050108

この記事へのトラックバック一覧です: ガソリンスタンドに損害は出ていないでしょ:

« 暫定税率と、究極の酷道425号 (国道) | トップページ | 淡々と粛々と、時は過ぎ »