« モノレールの漂泊者 PART 22 | トップページ | 「Friio」VS「アイ・オー・データ」 »

2008年4月 7日 (月)

パススルー

 Friio を二つ手に入れてしまって、困っている安野くんの話を書きましたがその後のことです。
コメントをいただいたようにヤフオクに出せばと僕も勧めたのですが、何でも違反申告を受けてしまうらしく、それがいやなのだそうです。

 Friioは、機能としては地デジをコピーフリーで録画できるわけで、それなりに需要はありそうなのですが、 この器械はうまく作動する保障がないそうです。

 電波の強さや、USBケーブルの長さ、

人気blogランキングへ

 バスパワーの容量、その他パソコン回りの諸々のノイズ等の影響を受けてしまうそうです。
基本的にノンサポートなので、問題が起きても自分で調べるなりして自己解決しなければならないようです。

 ということで、なまじっかな相手に売ってしまうと、その後のサポートに手間を取られる可能性があります。
だから「店長に買ってほしい」と安野くんは言ったのです。

「おいおい、僕だって自分で問題を解決できるかどうかわからないよ。そうなったら当然安野くんに相談するよ」
僕がそう脅すと安野くんは、
「いや、それはできる範囲でフォローしますよ。安心して下さい」
と手を振りました。
「それなら、誰に売っても同じじゃないか?」
「フォローするにしたって、ろくにパソコン用語も知らない人間に一から説明するのとある程度の知識を持った人にアドバイスするのでは全然違いますよ」
「安野くん。僕を買いかぶってないか?」
僕がそう言うと安野くんは、何か思い出すような表情で言いました。

「店長の今のパソコン、デルでしたっけ? あれって買ったときのままじゃないって言ってましたよね」
「うん、まあ……」
「確か僕の記憶だと、メモリーを2ギガにして、HDDは500Gを増設したんですよね? あとたしか、グラフィックボードはGIGABTYTEの7900GS搭載のものに変えてますよね。サウンドカードもCobraにしたって聞いた覚えが……」
安野くんは僕とかわしたパソコン関係の会話の内容を詳細に覚えているようでした。
「よくそんな事まで覚えているなあ。確かに君の言うとおりだけど」
「全部自分で作業をしたんですよね? それで十分です。店長なら何かあってもたぶん電話で簡単に済みそうですから」

 あとで聞いた話しだと以前パソコンをあまり知らない友人にアドバイスを求められて、親身になって面倒を見てあげたことがあるそうです。
結局その友人は安野くんのアドバイス通りに、ちょっと金額の張るパソコンを購入しました。

 その後が問題でした。
その友人は何か分からないことがあるたびに、安野くんに助けを求めて電話をしてきたそうです。
安野くんに聞けばたいていのことは解決するので便利だったと思うのですが、ちょっと調べれば分かることでも電話がかかってくるので閉口したそうです。
それ以来、二度とそういうことはやらないと心に誓ったそうです。

「一つだけ、調べて下さい、店長のところはケーブルテレビだって言ってましたけど、地デジがパススルーかどうかだけが問題です」
「パススルーって、地デジの信号をそのままケーブルに乗せてるって言う意味かな?」
「そうです」
「だったらだいじょうぶだと思うよ。僕のレコーダーはアナログだけどテレビは地デジ対応の液晶に買い替えたんだよ。それでもとのケーブルに分配器をかませて、テレビの地デジ端子に繋いで普通に見れてるから」

 安野くんは満面の笑みを浮かべながら身を乗り出しました。
「そりゃ店長買うしかありませんよ。だって店長は、コピーワンスにもダビング10にも反対なんですよね? だからHDDレコーダーを買い替えないって言ってたじゃないですか。Friioはコピーフリーですよ!」

 僕は逸る安野くんに、とりあえずパススルーかどうかを確かめて見るよと言い置いて仕事に戻りました。

 さて僕が加入しているケーブルテレビは「J:COM」ですが、結論から言うと地デジの送信方式はパススルーでした。
明日、安野くんに店で会うのですが、この勢いだと押し切られて買ってしまいそうです……

 本当に法的には問題ないんでしょうか……

 日付順のインデックスへ
 カテゴリ別のインデックスへ
 TOPページへ

人気blogランキングへ

|

« モノレールの漂泊者 PART 22 | トップページ | 「Friio」VS「アイ・オー・データ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179348/40815079

この記事へのトラックバック一覧です: パススルー:

« モノレールの漂泊者 PART 22 | トップページ | 「Friio」VS「アイ・オー・データ」 »