« モノレールの漂泊者 PART 21 | トップページ | アラーム・ア・アラーム »

2008年4月 3日 (木)

ポケットの中には、「Friio」が二つ

 もう去年のことになりますが、アルバイトの安野くんが「Friio」という器械を手に入れるためにバイトを交代した話を書きました。

 安野くんによるとFriioという器械は台湾製で、注文方法は発売予告があった日時に、早い者勝ちでアクセスできた順に購入できるというものでした。

 その競争率ははっきりとしたことは解りませんが(発売数が不明なので)、当初は開始から数分で売り切れたようです。

 そのため、29800円のものがヤフオクで7~8万円で、

人気blogランキングへ

 落札されたこともあるようです。

 その後何度か追加販売があったので、すでにマニアの間に行き渡ったのか、今回は(3月28日)購入しやすかったようです。

 以前の記事に書きましたが、Friioは地デジのコピーガードを付加しない状態で録画できるものだそうです。
その点は魅力です。
僕は、コピーワンスは問題外ですが、ダビング10にも大反対です。

 ダビング10は電車に例えるなら10回電車に乗っていいけれども、行けるのは隣の駅まで。
そこから先の駅には決して行かせてもらえない。
しかも最後の1回は、行ったら行ったきりで帰ってもこれないし、その駅からもはや動くこともできなくなる。
そういうものです。

 いったい関係団体は何を考えているのか……

 DVDソフトが売れなくなるとか言いますが、これはおかしいと思います。
Winnyに流れている映画の違法コピーと違って、もともと誰でも見れるように放送したものだからダビングや編修ができても問題ないと思います。

 ダビングできようができまいが、ソフトを買う人は買いますし(マニアとか)、放送したものの録画で満足している人間は、もともとソフトなんて買う気はありません。
BDに特典映像でもたっぷり入れて、コアなファンにサービスしてあげればいいんです。
彼らの所有欲をうまくくすぐれば買いますよ。

 それはさておき、安野くんが僕のところにやってきて言いました。
「店長、Friio を買う気はありませんか? もしあるなら定価で譲りますよ」
「えっ、苦労して買ったのに、売っちゃうの?」
僕が驚いてそう言うと、安野くんは照れたような笑みを浮かべながらぼそりとつぶやきました。
「実は、2台手に入っちゃったんです」

 事情を聞くと、安野くんは今回は絶対に手に入れようと思い、友人2人に頼んで代理注文をしてもらったらしいのです。
自分と合わせて、3人が注文したことになります。
安野くんは、とことん運が悪いらしく自分は購入することができなかったのですが、友人に頼んだ分が両方買えてしまったのです。

 まさか2台も買えると思っていなかった安野くんは困りました。
彼の経済状態では、一度に6万円の出費は痛いのです。
そこで1台を売ることにきめたらしいです。

 しかし、Friioは誰でも簡単に使えるものではなく、ある程度の知識がないと使いこなせない器械です。
そこで僕におはちが回ってきたわけですが、正直言ってそこまでして保存しておきたいものもありません。
必要ない器械ですが安野くんがかわいそうなので、とりあえず考えておくよと言っておきました。

 さてどうしましょうか?
必要はないとはいえ、安野くんの話しを聞いているうちに多少興味が出てきたのも事実です。
今のところ僕のHDDレコーダーはアナログなので、そういう意味では購入してもいいかもしれません。

 しかしそこまでして録画したいものというと、今思い浮かぶのはF1ぐらいしかありません。
それに法律的な問題も気になります……

 安野くんは他にも友人にあたっているようですが、なかなかうまくいかないようです。
というのも彼の仲間で、Friioを買ってもいいと思うような人間はすでに今回までの販売で手に入れてしまっているからです。

 来週までに買い手が決まらないようなら、買ってあげますか……

 日付順のインデックスへ
 カテゴリ別のインデックスへ
 TOPページへ

人気blogランキングへ

|

« モノレールの漂泊者 PART 21 | トップページ | アラーム・ア・アラーム »

コメント

ヤフオク等に出せば定価付近で売れると思うのでヤフオク等のオークションを進めて見ては如何でしょうか?

投稿: クローバー | 2008年4月 5日 (土) 00:25

クローバーさん。
コメントありがとうございます。

ヤフオクの件は僕も進めたのでsが、安野くんによるとヤフオクに出すと、違反申告されるのでいやだそうです。

投稿: ばーど | 2008年4月 8日 (火) 14:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179348/40761425

この記事へのトラックバック一覧です: ポケットの中には、「Friio」が二つ:

« モノレールの漂泊者 PART 21 | トップページ | アラーム・ア・アラーム »