« パソコン買い替えようかな! | トップページ | スペインGP »

2008年4月26日 (土)

特典映像の底なし沼(ヱヴァンゲリヲン新劇場版)

 いよいよゴールデンウィークに突入しました。
今年は休日の並びがあまり良くないとはいえ、普通のサラリーマンの方がうらやましいです。

 しばらくは忙しい日が続くのですが、アルバイトの安野君の元気がありません。
明らかに寝不足の顔をしています。

 仕事でミスをするほどとは言えないまでも危なっかしいので、

人気blogランキングへ

 休憩時間に話を聞いてみました。
「どうしたの? なんだか寝不足みたいだけど?」
安野君は目をこすりながら、
「そうなんですよ明け方まで起きていたんで」
と言ってコーヒーを喉に流し込みました。
彼のスケジュールは10時からだったので、ほとんど寝る時間はなかった計算になります。

「いったい何をやっていたの?」
「店長は昨日が何の日だか知らないんですか」
「いや…… ゴールデンウィークの前日とか……」
安野君は胸を張って言いました。
「ヱヴァンゲリヲン新劇場版のDVD発売日です!」

 はあ、確かそういえばそんな事を一週間ぐらい前に聞いた覚えがあります。
もちろん安野君からですが……
僕も世代的にはガンダムと、エヴァンゲリオンに両方足を突っ込んでいるので、世の男の子の御多分に漏れず、一時は、はまった覚えがあります。
もともとSFファンですから下地はありましたが、口の悪い僕らの仲間の間でも「エヴァンゲリオン」は評価が高かったです。
しかし、それも今は昔……

「それで、そのDVDを見ていたから寝れなかったの?」
安野君は、その通りだと応えました。
しかし映画は2時間ぐらいで見終わるだろうから、何で朝まで起きていなければならなかったのかと質問すると、彼は特典映像を見るためだといいました。

 なるほど最近のDVDには本編を凌ぐほどの特典映像や副音声が、収録されているものもありますから、それを見るために徹夜をしたのかと一応納得しました。

「それで、どんな特典映像が入っていたの」
「十年前のエヴァは店長も見ていますよね、今回はあれとは内容は一緒ですが原画の段階から掘り起こしてまったく新しい映像を作っているんです」
「書き直したっていうこと?」
「単に書き直しただけじゃありませんよ!」
と不満そうに安野君は続けました。
「十年前にはできなかったテクニックや手法を駆使して、数段素晴らしい映像を作り上げたんですよ、クオリティが段違いです」
「だけど十年前だって十分にレベルは高かったじゃないの。ストーリーには何か新しい展開でもあるのかな」
そういわれて安野君は少し困ったようか顔をして手を振りました。
「ストーリーはほとんど…… と言うよりまったく同じです。カット割りも同じところが大部分です……」
「ストーリーが同じでカット割りも同じということは、画がきれいになっただけ? 作る必要なかったんじゃないの?」
僕の言葉を聞いて安野君は猛然と反論しました。

「違いますよ、ただ画質が上がったというだけじゃないんです。画面から得られる情報量が格段に増えていますから伝わってくるメッセージも変わってきます」
「そんなものかな」
「映画には、音と映像しかないんですから、それだけで全てを表現しないとダメなんです。小説みたいに文章で説明を加えることができませんから。だから画を書き直したということは、小説でいえば、会話の部分以外の描写を全て書き直したのと同じです」

 そこまで言われると僕も納得しないわけにはいきませんでした。
まあ、もともと嫌いでもないし……
ただ安野君がムキになるので、ちょっとからかっただけです。
僕もレンタルが始まったら是非見てみようと思っていますし……

 それにしても徹夜をするほどの特典映像ってどんなものなんだろう。
本編をしのぐ長時間のメイキング映像なのかと思い、安野君に聞いて見ました。

「それでその特典って、何時間ぐらいなの?」
「えっと、長さは15分ちょっとです」
「はぁ? たったの15分! それでどうして徹夜したの?」
「密度が濃いんですよ。素材から完成映像ができあがるまでのプロセスを編修したものが入っているんです。カットは短いですから、時間は15分でも内容は濃いんです。すごいんですから!」
「それにしたって、3回見たって1時間もかからないじゃないか。もう1回聞くけど、何で徹夜したの?」
「だから、そんなすごいものを見せられたら、特典映像とそれによって完成した本編の映像を比べたくなるじゃないですか」
「……」
「だからパソコンとテレビに両方映してワンカットごとに確認しました。いやあ、二枚組で本当に良かった。じゃなかったら同時に比べられなかったですからね」
「分かった分かった。だけどそれにしたって、2~3時間で終わるんじゃないの?」
「それがですね、最初はそれだけのつもりだったんですけど……」
「何?」
「そこまでやると、今度は旧作と映像を比べたくなっちゃったんですよ。幸いDVDは持っていますから」

 おいおいそれは、はたして幸せというのか?
安野君、君が筋金入りだということは、よおく分かったよ……

 日付順のインデックスへ
 カテゴリ別のインデックスへ
 TOPページへ

人気blogランキングへ

|

« パソコン買い替えようかな! | トップページ | スペインGP »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179348/41004048

この記事へのトラックバック一覧です: 特典映像の底なし沼(ヱヴァンゲリヲン新劇場版):

« パソコン買い替えようかな! | トップページ | スペインGP »