« 北限のマックフリーク | トップページ | ガソリンスタンドに損害は出ていないでしょ »

2008年4月29日 (火)

暫定税率と、究極の酷道425号 (国道)

 明日、道路特定財源関連法案の再可決されるらしいですね。
通勤経路が長い僕としては影響大です。
明日は是が非でも給油しなければならないです。

 和歌山では、
「道路特定財源関連法案の再可決を求める紀伊半島1周道路行進」がゴールしたそうです。
暫定税率の復活に対しては大反対ですが和歌山県の道路が必要だと

人気blogランキングへ

 いうことについては、賛成な面もあります。

 僕は2005年に天河神社に行き、龍神温泉に泊まったことがありますが、そのときは大変な思いをしました。

 天河神社に行った後、国道を使って龍神温泉に向かったのですが まず国道168号の大東村の付近で地滑りのため一部不通となっていました。
仕方なく迂回路を使いましたがその途中、地滑りで削られた山肌の生々しい傷跡を目の当たりにして、なるほどこうやって山は浸食されて地形は変化していくんだなと実感しました。
人間にとっては天災ですが、自然にとってはそれも、いわば生命活動のようなものですから……

 さらに国道425号を使って十津川村を西へと進みました。
国道425号はウィキペディアによると、「岐阜県の国道418号や四国の国道439号と並ぶ「日本三大酷道路線」とまで言われる事もある」そうです。

 そのことは事前に知っていて、あえて通ったのですが、聞きしに勝る酷道(国道)でした。
道が狭いのにガードレールがないので、霧などが発生すれば冗談ではなく命の危険があります。
以前、酷道(国道)421号のバリケードのことを書きました。
あれも確かにひどいですが、失敗しても車に傷がつくだけです。

 しかし酷道418号の場合は命に関わることです。
僕のように興味半分で通行する人間は万一のことがあっても自業自得ですが、毎日の生活道路として使用しなければならない人にとっては一刻も早く改善して欲しいところでしょう。
なんと言っても国道なんですから……

 このことを見れば暫定税率の復活もやむを得ないのかもしれませんが、全額はいらないでしょう。
本当に必要な道路だけにお金を使って後は他のことに使って欲しいです。
毎月大量にガソリンを消費して、地球に厳しい生活を送っている人間のわがままな願いでしょうか。

 暫定税率復活を 紀伊半島1周行進、和歌山でゴール

 日付順のインデックスへ
 カテゴリ別のインデックスへ
 TOPページへ

人気blogランキングへ


|

« 北限のマックフリーク | トップページ | ガソリンスタンドに損害は出ていないでしょ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179348/41044135

この記事へのトラックバック一覧です: 暫定税率と、究極の酷道425号 (国道):

« 北限のマックフリーク | トップページ | ガソリンスタンドに損害は出ていないでしょ »