« 知ってはいけない情報 | トップページ | モノレールの漂泊者 PART 16 »

2008年3月17日 (月)

地デジでウィンク

 先日購入した「SEG CLIP」GV-SC300 ですが、その後は一応順調に動作しているように見えます。

 G社のワンセグチューナーがあるのになぜ今回買い替えたかというと、G社のワンセグチューナーはCATVのアンテナ線に接続できなかったからです。
特に外で見るつもりもないので、安定した電波状況で受信したいと思っていましたが残念ながらそれは無理でした。
(外で見るなら、WALKMAN NW-A916 がありますし)

 無理矢理ケーブルの芯線をむき出してロッドアンテナに、

人気blogランキングへ

 つなぐという手もありますが、それでは……

 「SEG CLIP」GV-SC300はF型コネクター変換ケーブルが付属しているので簡単に家庭用アンテナ線に接続ができます。
これが理由の一つ目です。

 もう一つは 、

「15コマ/秒」のワンセグ映像を、通常の2倍となる「30コマ/秒」にフレーム補間する「なめらかモーション」

 ですね。

 この機能に関しては微妙です。
効果があることはありますが、もともと小さな画面ですからあまりはっきりしません。
スポーツモードもありますが、これはあんまり効果がないようです。
それよりも、あまり動きのない場面で急に人が動くようなときの方が画像がなめらかになっているような気がします。

 基本的な画質についてはG社のものより若干はっきり映るようです。
文字などの輪郭がはっきり出ていると思います。

 総合的に見てオススメできるかというと、そうでもないです。
夏前には新製品が出るでしょうから、それを待ってもいいと思います。
どうしても今すぐ必要な人は、選んでも損はないと思います。

PS
 昨日不気味な現象を目撃しました。
それはニュースを見ていたときのことです。
画面では女性アナウンサーが原稿を読んでいました。
目が大きくてなかなか可愛いアナウンサーでしたが、彼女が突然片目をつぶったのです。

 ウィンクなんてものではありません。
片目だけをつぶった状態が、1秒近く続きました。
原稿は何事もなく読み続けていました。

 そんなことをプロのアナウンサーが本番中にするとは思えないので、たぶん彼女は瞬きをしただけでしょう。
それが画像圧縮の関係で、微妙な左右の目の瞬きの時間差で片目だけつぶったように処理されてしまったんだと思います。

 かなり気持ち悪い画面でした。

 過去ログのインデックスへ
 TOPページへ

人気blogランキングへ

|

« 知ってはいけない情報 | トップページ | モノレールの漂泊者 PART 16 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179348/40519089

この記事へのトラックバック一覧です: 地デジでウィンク:

« 知ってはいけない情報 | トップページ | モノレールの漂泊者 PART 16 »