« モノレールの漂泊者 PART 12 | トップページ | モノレールの漂泊者 PART 13 »

2008年3月 6日 (木)

ニューフェイスは中学生!

 アルバイト募集の広告を今月は2回か3回出すつもりです。
この公告の効果ですが、近年どんどん反応が鈍くなってきています。
それには色々理由があるのでしょうが、春に出すものに関しては比較的手応えがあります。

 3月は特に中学生からの応募があります。
ファミレスで中学生を採用するのか? と不審に思われるかもしれませんが、

人気blogランキングへ

 この場合はすでに中学を卒業した高校生予備軍です。

 もちろん3月中は働かせるわけにはいきませんが、新高校生の中には今からアルバイト先を探している人間がいます。
高校に入学する前からアルバイトを探すなんて、どういうことだと思われる方もいるでしょうが、彼らはどうせ夏までにはどこかでバイトを始めるのです。

 今からバイト先を決めておこうなんて、考え方によっては非常に計画的で生きる上での知恵を持った人間と言えるかもしれません。

 まだ誰も動き出していないうちに探せば、競争率も低いので(まあ、人気のあるバイト先の話ですが)自分のいきたいところにいけます。
一度は来てみたいユニフォームだって着れるわけです
(実際ユニフォームで仕事を選ぶ人間もいます。うちの制服は人気があるか微妙……)

 とは言え応募してくる中学生の中には、箸にも棒にもかからないものもいます。
中学生ですから仕方ないのかもしれませんが、自分の働きたいときに働きたい時間だけ自由に働いてお給料がもらえると思っている世間知らずもいます。

 そのような連中は面接の時、決まってこんな質問をします。

「急にバイトにいけなくなったときは、どうしたらいいですか?」
「急にって、それはどんなときなのかな?」と、僕。
「えっと、その日になって急に行くところができた場合です」

 要するに急に遊びに行く予定ができたときにバイトを休めるかどうかを心配しているのです。
むろん、病気や学校行事以外での変更は認めないことを伝えます。

 するとやっぱりそうかと落胆するものもいれば、何でだろうと不満そうな顔をするものもいます。
後者は、即不採用です。

 彼らは労働というものは自分の自由な時間を他人に売ること、つまり不自由になることだということが全然理解できない、あるいは不幸にしてその年まで知らなかったのです。

 しかし、この時期に応募してくる中学生の中には、なかなか得難い人間もいます。
学校の成績は悪くとも、接客という仕事に天性のきらめきを放つ者。
接客をするために必要な資質を生まれながらに備えた人間。(技術的なことではありません)

 めったにありませんが、そういう人間が応募してくることもあるのです。
その場合、大事に育てれば高校在学中の3年間を働いてもらうことも可能ですから、店長としてはおいしいです。

 さて今年はどんな新人が応募して来るやら。

 過去ログのインデックスへ
 TOPページへ

人気blogランキングへ

|

« モノレールの漂泊者 PART 12 | トップページ | モノレールの漂泊者 PART 13 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179348/40404001

この記事へのトラックバック一覧です: ニューフェイスは中学生!:

« モノレールの漂泊者 PART 12 | トップページ | モノレールの漂泊者 PART 13 »