« モノレールの漂泊者 PART 20 | トップページ | 高校生デビュー »

2008年3月30日 (日)

深夜のカーナビに……

 方向音痴の僕にとってカーナビはもう無くてはならないアイテムです。

 ある日のこと、僕はある事情で深夜に某所で車を走らせていました。
その時は台風一過で雨は上がっていましたが、各地の河川が増水しているとテレビのニュースが言っていました。
帰りを急ぐ僕はナビで近道を探しました。

 僕はナビの指し示す通り国道をはずれ、山に向かって伸びる道を走っていました.
しかしあたりが段々と寂しくなってきて、僕にはもはやどこを走っているのか分からなくなっていました。

 台風の影響で山肌からすごい勢いで湧き出す水が、道路を川のよう流れていました。
路上に流れてきているのは水だけではなく、風に折れたかなり太めの枝や、これもかなりの大きさの路側から崩れ落ちてきた砂利がいっしょでした。
それらに乗り上げるたびにタイヤは枝や砂利を巻き上げ、車の底板にあたります。
僕はお尻の下に伝わる、ごつごつという振動を感じながら先を急ぎました。

 あまりに水の流れが激しいので、ひょっとしたらこの先が水没しているかもしれないと心配になりました。
僕は現在の位置を大まかに知りたいと思い、カーナビの縮尺を変えて広い範囲を見てみることにしました。

 そして縮尺の変わったカーナビの画面に映っているものを見て、僕は心臓をわしづかみされるような感覚を覚えました。

 そこにはおそろしいものが映っていました。

人気blogランキングへ

03

 こんな感じの画面でした。
正体は、ダム湖です。
なあんだと思われるかもしれませんが、その時の僕は深夜の慣れない道を一人で走っていました。

 街灯がないので自分の車のヘッドライトが照らし出す範囲以外は漆黒の闇に包まれ、遠くにぼんやりと山の稜線が確認できるだけでした。
回りを走っている車は全くなく、すれ違う車もありませんでした。
すれ違う車がないのは、この先が水没していてるからではないかと不安に思っていた僕の目に、いきなり上のような画面が映ったのです。

 そのあたりに住んでいる方には大変失礼な話しなんですが、そのダム湖の形にはまがまがしいものを感じてしまいました。
ナビの夜間画面の配色のせいもありますが、何とも不気味で今現在自分がその画面のまっただ中にいると考えると背筋が寒くなりました。
まるで迷いの森に足を踏み入れてしまったような気がしました。

 僕はふと頭上が寒くなったような気がして、サンルーフから外を見上げました。
道の両脇から覆い被さるように木の枝が伸び、視界を遮りながら風に揺れていました。
僕はあわててサンルーフカバーを閉じて上が見えないようにしました。

 一刻も早くその画面から抜け出したいと思いましたが、土地勘のない僕はナビの指示に従うしかありませんでした。
画面を見ないわけにはいかないのです。
ナビは不気味なダム湖に向かって、僕と車を誘導します。
せめてダム湖の全体像が目に入らないように縮尺を変えました。

 道は曲がりくねっており、離れたと思えば再びダムに近づき、いつまで経っても湖の掌中から逃れられないのではないかという気がしました。

 15分ほどでダム湖が視界から消え、やがて街の灯りが見えてきました。
僕は、ほっと一息つきました。
途中で道が10センチほど水につかっている所が数カ所ありましたが、大事はありませんでした。

 ほんとうに地元の方には申し訳ないですが、あの形はありえないです。
不気味です。

 ダム湖ですから山の等高線に沿って湖水がたまるため、複雑な形になるのは分かります。
しかしそれにしても……

 臆病者の僕はその付近を、絶対に夜一人では通りたくない道として記憶しました。

PS
 地理が嫌いな僕は小さい頃から地図を見るということを、やらない子供でした。
ですからきっと僕が知らないだけで、こんな形の湖は全国にたくさんあるのだと思います。
しかし台風のあとという状況や、深夜一人でもしかしたら水没するかもしれない道を走っているという現実が、あれを邪悪な樹の精のように見せてしまったのです。

 ちなみにその時に思い出した本があります。
小さい頃に何度も何度も読んだ「いやいやえん」という絵本です。
その中に、決して入ってはならない山に踏み込んだ幼稚園児の話がありました。
記憶は定かではありませんが、その話自体は別におどろおどろしいものでは全然なかったと思います。
ほのぼのとした童話集でした。

 しかし三つ子の魂百までと言いますが、抜け出せない森に対する恐怖感だけはきっとその童話から来ているのだと思います。

 日付順のインデックスへ
 カテゴリ別のインデックスへ
 TOPページへ

人気blogランキングへ

|

« モノレールの漂泊者 PART 20 | トップページ | 高校生デビュー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179348/40698382

この記事へのトラックバック一覧です: 深夜のカーナビに……:

« モノレールの漂泊者 PART 20 | トップページ | 高校生デビュー »