« 「ウォークマン」と「タワー」と「都市鉱山」 | トップページ | 鹿かかりません? »

2008年2月15日 (金)

小麦値上げと平成の米騒動

 小麦の政府売渡価格が、4月から30パーセント上がるそうです。
ファミリーレストランでも当然小麦は、様々なメニューに関係しています。
ただ、店舗において粉の状態で使用することは少なく、

人気blogランキングへ

 ほとんどはメーカーから仕入れた食材に使用されているという形です。
どの程度食材の価格が上がるかは、仕入れ先のメーカーの考え方しだいです。
その意味では、一般消費者と同じ立場です。

 こういう状態になると、売る側と買う側の力関係が大きく影響すると思います。
店長はメニューや食材に関してはまったく権限がありませんので、この件に関しては本部が一切を仕切っています。

 うちの会社が立場的にどうなのかは詳しくないのですが、おそらくは大量に仕入れるメリットを最大限に生かして交渉しているものと思います。

 1993年の記録的な米不足の時も、うちは国産米100%で提供を続けることができるだけの米を確保していたんですが、強制的に外米を混ぜて提供せよという指導が某所よりありました。
商品部としては、せっかく確保した国産米を、他との差別化に役立てることができずに悔しい思いをしたそうです。

 しかしその一方で社員である僕たちは、自分では国産米を買うことができず、家で食べていたのは外米の混ざった米でした。
国産米を買うことが難しくなる原因の一つに、自分の会社が係わっていることを知っていたので複雑な気持ちでした。

 今回は粉の状態で確保することはないので少し事情が違うと思います。

 今の段階では、今後うちのメニュー価格が上がるかどうかは不透明のままです。
どうなるんでしょうか。

 過去ログのインデックスへ
 TOPページへ

人気blogランキングへ

|

« 「ウォークマン」と「タワー」と「都市鉱山」 | トップページ | 鹿かかりません? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179348/40135752

この記事へのトラックバック一覧です: 小麦値上げと平成の米騒動:

« 「ウォークマン」と「タワー」と「都市鉱山」 | トップページ | 鹿かかりません? »