« HDDレコーダーとダビング10の落とし穴 Ⅱ | トップページ | HDDレコーダーとダビング10の落とし穴 Ⅲ »

2008年1月 9日 (水)

仁義なき戦い PART Ⅲ

 ファミレスの駐車場は言うまでもなく、お客さんのためのものです。
無断駐車には、こちらとしても厳しく対処しますが今回はどちらも大切なお客さんです。

 その上で普通に考えれば、車も来ていないのに場所を確保しようという方に非があるように思えました。

 花見の場所取りとは違うんですから……
花見の場合は場所取りをしても、

人気blogランキングへ

 そのことが他の人の機会を直接損なうものではないと思います。
なぜなら場所取りをしている時点では、誰も宴会を始めていないからです。

 しかし駐車場の場合は、空車のスペースをそのままにしている時間が長ければ長いほど他のお客さんに影響が及びます。
目の前にいるお客さんだけではなく、全体的に見れば駐車場そのものの稼働率が落ちます。
忙しいときには、店内よりも駐車場の方が先にいっぱいになることもよくあることです。
駐車場の満車状態は店の回転率にも影響します。

 最終的には全てのお客さんの待ち時間が長くなってしまいます。

 僕は駐車場の場所取りをしていたお客さんに言いました。
「車が来ていない段階で駐車場を確保するのは申し訳ないですがおやめ下さい。そんなことをしなくても少しお待ちいただければ、空きは出ると思いますので」
「そんなこと言って、おまえ。おれが駐車するまで何分待ったと思ってるんだよ? こっちはグループできてるんだよ。一人だけ駐まれなかったら困るんだよ」
すると横から八木さんが首を突っ込んできました。
「お客さんは、何名でお越しですか?」
「何? 八人だけどそれがどうかしたのかよ」

 八木さんが僕の袖を引っ張り、小声で言いました。

   以下、PART Ⅳにつづく

 過去ログのインデックスへ
 TOPページへ

人気blogランキングへ

|

« HDDレコーダーとダビング10の落とし穴 Ⅱ | トップページ | HDDレコーダーとダビング10の落とし穴 Ⅲ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179348/17634428

この記事へのトラックバック一覧です: 仁義なき戦い PART Ⅲ:

« HDDレコーダーとダビング10の落とし穴 Ⅱ | トップページ | HDDレコーダーとダビング10の落とし穴 Ⅲ »