« 交差点すくらんぶる | トップページ | HDDレコーダーとダビング10の落とし穴 Ⅴ »

2008年1月14日 (月)

HDDレコーダーとダビング10の落とし穴 Ⅳ

 竹井さんは不本意ながらも有料ソフトを購入して、T社の要求する方法でCD-Rを作成することを決めました。
そして竹井さんは、T社の指定する書き込みソフトの購入先を探しました。
彼女は、アマゾンなどで簡単に購入できると考えていました。
ところが、 それは無理でした。
推奨ソフトとして紹介されているものは、

人気blogランキングへ

 6種類でしたが、よく見ると同じソフトのバージョンアップ版が含まれており、結局二つのソフトに集約できました。
これから買うのに、古いバージョンを買うことは考えられないので、竹井さんは最新のバージョンを探しました。

 そのうちの一つはアマゾンでは販売しておらず、元々そちらの方は選びたくなかったので、もう一つのソフトを買うことにしました。
そちらはアマゾンで入手可能だったのです。

 ところがメーカーの解説ページに書いてあるものとは、バージョンが違います。
新バージョンがでていたのです。
解説ページが書かれてからバージョンアップされたのか、古い資料を基にしているのかは不明ですが、とにかく最新バージョンでの動作はT社のページでは保証されていなかったのです。
T社の推奨とされるバージョンはすでに入手不能でした。

 竹井さんは考えました。
バージョンが違うといっても、今までできていたことができなくなったり、操作方法が大きく変化することは無いだろうと……
しかしです。
万が一トラブルが発生した場合、これまでのT社の対応からすると、あくまでも確認事項に記載していない方法に関しては責任を持たないと言われるかもしれないと思いました。

 そこで竹井さんは気がすすみませんでしたが、再度T社のサポートに電話をしました。
竹井さんは、

「そちらの推奨するソフトはすでにバージョンアップされて、同バージョンは入手不能である」
「新しいバージョンでの操作手順はどうなっているのか」
「新バージョンで、指定された機能が削られているようなことはないのか」

 という点について伝えました。

 T社の回答は、

「新しいバージョンで可能かどうかは、自分で確かめてほしい」
というもので、
「最新バージョンについて適応しているかどうかを調べるつもりはない」

 ということでした。

 以下、PART Ⅴにつづく

 過去ログのインデックスへ
 TOPページへ

人気blogランキングへ

|

« 交差点すくらんぶる | トップページ | HDDレコーダーとダビング10の落とし穴 Ⅴ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179348/17697239

この記事へのトラックバック一覧です: HDDレコーダーとダビング10の落とし穴 Ⅳ:

« 交差点すくらんぶる | トップページ | HDDレコーダーとダビング10の落とし穴 Ⅴ »