« ありがとう、100,000アクセス! | トップページ | すべてのデータに永久の命を! »

2007年12月 7日 (金)

チャットモンチー 橋本絵莉子の「こころ意気」

 車のオーディオがCD→MD→HDDと進化したおかげで、とりあえず気に入ったアルバムはどんどんぶち込めるようになりました。
しかし結局よく聞くアルバムは限られています。
通勤にはちょうどアルバム一枚分ぐらいの時間がかかるので、同じアルバムをヘビロテで聞いてしまいます。

 最近くり返し聞いているのは、チャットモンチーの「生命力」です。
アルバイトの高校生から勧められて買ったのですが、これがいいんです。
しかしこんな仕事をして、高校生と話す機会がなければ決して手を出さなかっただろうと思われます。
だいたい、チャットモンチーという名前がよく分からない。
「チャット」はまあ何となく分かるとして、「モンチー」って何だ? ひょっとして

人気blogランキングへ

「モンチッチ」のことか? 古っ、て感じです。

 ジャケットのデザインが、ブルーのバックに三人のイラストというシンプルなもので、買うときに気恥ずかしくなかったのは幸いでした。
これなら、3メートルぐらい離れて見れば、ガンズの「USE YOUR ILLUSION 2」に見えないことも……
いやいや、それは無理ですか。

 このアルバムの中で唯一聞いたことがあったのは、3曲目の「シャングリラ」でした。
いつどこで聞いたのかは覚えていませんが、確かに聞いたことがあると思いました。
なぜ覚えていたかというと、ちょっとリズムに特殊なところがあったからです。
聞いたことのある人はおそらく分かると思いますが、変拍子が入っています。

 曲のはじめ、いきなりサビのくり返しから入るわけですが、

  B♭m                  E♭                   C7                     Fm       Fm7/E♭
┃シャングリラ 幸 ┃せ  だって 叫 ┃ んでくれよ 時 ┃には僕 の胸    ┃

  B♭m                 E♭
┃で  泣いてくれ┃よ ┃

 この、最後の「よ」の小節は、一拍しかありません。
四拍のうち一拍だけで唐突に、サビのくり返しに入ります。

  B♭m                  E♭                    C7                     Fm      Fm7/E♭
┃シャングリラ 夢 ┃ の中 でさえ 上┃ 手く笑えない 君┃のことダメな人 ┃

  B♭m                 Cm                     A♭
┃って  しかりなが┃ ら   愛してい  ┃ たい       ┃                  ┃

 と続き、二度目のサビは、普通に終わります。
よく見ると1回目と2回目で字数が違います。
この曲の詞はメンバーの、高橋久美子さんが書いたようです。 
作詞作曲ならいざ知らず、他人に曲を書いてもらおうとすれば字数は合わせるのが普通ではな
いでしょうか?

 作曲の過程で詞を変更したのかもしれません。
とすれば、それはどうしてなのか?
ギターが大好きだったけれども、才能が全くなかった僕でも言えることは、スピード感をだすためなのかなということです。
確かにこのメロディーのくり返しを二度やると、少し間延びしたような感じになるような気がします。

 しかしそれなら単純なリフレインにして,

  B♭m                 E♭
┃で  泣いてくれ┃
                            B♭m                  E♭                      C7   
                         ┃シャングリラ 夢 ┃ の中 でさえ 上┃ 手く笑えない 君┃

と、「よ」の所に「シャ」をかぶせるようにして、2回目のサビに入ればいいのではないかと思います。

 全然、ノープロブレムだと思いますがあえて言えば、ライブでの再現性がなくなります。
「よ」と「シャ」を同時に発声はできないからです。
しかし、そこは何とでもごまかしようがあるし、「よ」は発声しなくても、歌詞の意味は通ります。

 想像ですが、そこにボーカリスト、あるいは作曲家としての「橋本絵莉子」のこだわりがあらわれているのではないかと思います。
多少変則的になっても、歌詞とスピード感の両方を大事にしたかったのではないかと思います。
橋本絵莉子、恐るべし!

 何度も聞いているうちに「シャングリラ」は、すでに僕の中では変拍子ではなくなり、もうこれしか考えられないというくらい、しっくりきています。
橋本絵梨子は何か独特のリズム感があるようで、他にも変わったパターンの曲があります。
かくしてチャットモンチーは僕の、お気に入りリストに加わりました。

 現在の音楽シーンの中で「チャットモンチー」が、どういう位置にあるのか知りませんが、少なくとも僕の中では、今年の最大の収穫であり、今後もアルバムを買い続けるだろうと思います。

PS
  現在08年02月13日です。
この日の記事で、長々と書いたことについてですが(一拍余る変拍子について)、すでに橋本絵莉子さんが各方面で公言されているようです。
やはり、歌詞が余ったので、一拍余分に入れたそうです。
 
 おそらくはファンの方の間では周知の事実だったのだと思います。
まるで初めて発見したように、とくとくと書いている自分が恥ずかしいです。
まあ消したいんですが、とりあえず消さないでおいときます……


 過去ログのインデックスへ
 カテゴリ別のインデックスへ
 TOPページへ


人気blogランキングへ

|

« ありがとう、100,000アクセス! | トップページ | すべてのデータに永久の命を! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179348/17293117

この記事へのトラックバック一覧です: チャットモンチー 橋本絵莉子の「こころ意気」:

« ありがとう、100,000アクセス! | トップページ | すべてのデータに永久の命を! »