« 店内以外が気になる日 | トップページ | 雨の日にやって来た、おじいちゃん PART Ⅱ »

2007年12月23日 (日)

雨の日にやって来た、おじいちゃん PART Ⅰ

 先週のことですが出勤してくるとパートの梨田さんが僕のところにやって来て言いました。
「店長、一人お金を払わないで帰っちゃったお客さんがいるんです」
「それは、食いにげってことなの?」
「よく分かりませんけど、違うんじゃないかと思います」
「どうして?」
「だって、毎日来るお客さんですから……」

 食いにげというのは、

人気blogランキングへ

 めったに成立しないということはずいぶん前に書きました。(無銭飲食のススメ!)
簡単に言うと、お金を払わないことは悪いことだけれども犯罪ではないからです。
これを罪にしてしまうと、借金を返せない人を全員つかまえなくてはならなくなります。
そこに、だます行為がなければ、隙を見て帰ろうが、走って逃げようが罪にはなりません。

 それは良いとして、詳しく話を聞いてみると土曜日、日曜日を除いてほぼ毎日、朝の七時頃に来店し八時半頃帰っていくお客さんだということでした。
注文するのはコーヒーのみで、それ以外のものを頼むのを見た人はいないということでした。
未会計の伝票もコーヒー一杯分で、数百円のものです。

「いつもニコニコしていて、いいおじいちゃんなんです。あのおじいちゃんが食い逃げ何てするわけがありません」
梨田さんの言うこともよく分かります。
毎日のように来店してくれたということは、少なくともうちの店を気に入ってくれたということで、そんなところで食い逃げ何てしないでしょう。

「お金を払うのを忘れたんでしょうか?」
「そうだなあ、そうかもしれないな。毎日来るんだったら、次に来たときにそれとなく話してみてよ」
「分かりました」

 数日して店に出てきた僕に、梨田さんが申し訳なさそうな顔で言いました。
「店長この前のおじいちゃんが来たんですけど。未会計の伝票のこと言いそびれちゃいました」
「……」
「おじいちゃんがお金を払わずに帰った日は、八時頃から大雨だったんです。おじいちゃんが来たときは雨は降っていなかったので、『傘を持ってきているのかな』って思ったので間違いありません」
「それで?」
「いきなりお金のことを言うのも気が引けたんで、少し世間話をしたんです。あっ、あの、暇だったので……」
梨田さんは、しまったというような顔をしながら続けました。
「そしたら、おじいちゃんが言うんです。『ここ一ヶ月近く、雨が降らなくて心配だねえ。ダムは干上がったりしていないんだろうか?』って」

「つまり……」
「おじいちゃんは、あの日のことをまったく覚えていないんです。それは、ものすごいどしゃ降りだったんですから」

  以下、PART Ⅱにつづく

 過去ログのインデックスへ
 カテゴリ別のインデックスへ
 TOPページへ

人気blogランキングへ

|

« 店内以外が気になる日 | トップページ | 雨の日にやって来た、おじいちゃん PART Ⅱ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179348/17456955

この記事へのトラックバック一覧です: 雨の日にやって来た、おじいちゃん PART Ⅰ:

« 店内以外が気になる日 | トップページ | 雨の日にやって来た、おじいちゃん PART Ⅱ »