« 大人のためのアキバ系講座2 アイドルマスターとニコニコ動画 前編 | トップページ | 大人のためのアキバ系講座4 「Perfume」から「ひぐらしのなく頃に」 »

2007年10月 2日 (火)

大人のためのアキバ系講座3 アイドルマスターとニコニコ動画 後編

「だけど安野くん。ここまで労力をかける意味はないんじゃないの?」
「意味なんて関係ないですよ、趣味の世界ですから。趣味に意味が必要ですか?」
「いや、そういうわけでは…… でも少なくとももっと有意義に時間を使っては?」
「店長、そんなこと言う人に限って、自分は何もしていませんよ」

 確かに僕自身、時間を有意義に使っているかと言えば、まったく自信がありません。
「店長。もう一つ見て下さい」
考え込んでしまった僕に、安野くんはさらに別の動画を見せました。

グルメ情報のランキングはこちら

 それは、一番最初に見せられたWinkの「淋しい熱帯魚」の、元PV同時再生Verでした。
画面の左上に、MAD(と言うらしい)、右下にWinkの元PVが配置され同時に再生されていました。


 比較してくれということでしょうか?
元PVは、さすがに二十年前なので髪型などとっても古いです。
当時日本はバブルのまっただ中でした。

 二つの動画を比べてみると、結構シンクロ(というらしい)しているところがあって、よくできていると思いました。
特に決めポーズの部分で同じような振りをあてているので、当時のファンも違和感なく見られるのでは?と思います。
二十年前の作品と比べられるのは元PVの作者としては心外でしょうが、MADも負けていないと思いました。

 しばらく画面を見ていた僕は、あることに気づきました。
「僕が評価するのもなんだけど、確かによくできているよ。作った人はセンスと技術があるんだろうと思う。でも、これって違法じゃないの?」
「著作権って、結局金銭の問題ですよね。僕らは、ここから利益を得てはいませんから。むしろ元ネタをリスペクトして、さらに別の価値を作っているつもりです」
「金銭を得ていないと言ったって、勝手に他人の作品を使ってはいけないんじゃないの?」

「店長、本気でそう思いますか?」
彼の目に怪しい炎が燃えているのに僕は気づきませんでした。
彼らは自分の趣味の範囲内のことには莫大な時間をつぎ込みます。
安野くんは、このことに関して相当な理論武装をしているようでした。
うん、やばい。僕は知らないうちに彼らのフィールドにおびき寄せられている。

「完全なコピーは、僕も違法だと思います。でも、僕らはそれを下敷きにしてはいますが、別の価値を作り出しているつもりです。模倣を否定することは、歴史の否定。文化の否定です。一人の人間が一生のうちに生み出せることは限られています。人が死ぬたびにリセットしていたら進歩は止まってしまいます」
「安野くん。何もそんなに向きにならなくても」

 しかし安野くんは止まりません。
「文化という歴史の大木の先端に成った果実を、ただ摘み取ったというだけで全ての権利を主張するのは正しいんですか。それを独り占めにしていいんですか? まあ、果肉を食べるのはいいでしょう。でも種だけは次の世代のために蒔かなければいけないんじゃないですか。実を摘み取ったというだけで、その後の権利を全てを手に入れていいんですか」
安野くん。君はひょっとして弁論部出身か?
彼の暴走は止まりそうにありません。

「オリジナリティ何てどこにもありません。あるのはバリエーションだけです。よほどの天才でも完全なオリジナルを作ることはありません。どんな作品にも元ネタがあります。自分は過去の蓄積を利用しておきながら、自分の作品の更なる再利用は認めないというのは傲慢です」
おいおい……  そこまで言うか。

「店長、俳句は芸術ですか?」
僕が黙ってうなずくと安野くんは言いました。
「俳句は、五、七、五。十七文字でできています。すると、考えられる文字の組み合わせはの総数は、50の17乗ですよね。つまり有限です。生み出されるべき俳句の数はあらかじめ決まっています」
「芸術に確率論を持ち出しても仕方ないんじゃないの?」
「あらかじめ決められた組み合わせの中から、より優れたものを見つけ出す感性と労力は認めます」

 そこで一度言葉を区切って、安野くんは宣言しました。
「完全なオリジナリティなんて幻想です。あるのは模倣と再構成だけです。むしろ模倣の価値を認めるべきなんです」

 ああ言切っちゃったよ。
是非とも安野くんには、「松本零士大先生」と対決してほしい。

 「それに店長、アイマスはニコニコ動画での盛り上がりのおかげで、ヒットしているのかもしれないんですよ。他にも、Perfume のCDが売れたのもニコニコ動画のおかげです」

 何だ? 「Perfume」って?
アイマスは、「アイドルマスター」の略なんだろうけど……

以下次回……
「大人のためのアキバ系講座4 「Perfume」から「ひぐらしのなく頃に」

PS
 この記事を書くために、ニコニコ動画で安野くんから聞いた動画を調べたんだけど、検索用のタグに
「おっさんホイホイ」
 とか
「R-30」
とかが付けられていてガッカリ。
俺らはゴキブリかい。

 過去ログのインデックスへ
 カテゴリ別のインデックスへ
 TOPページへ


|

« 大人のためのアキバ系講座2 アイドルマスターとニコニコ動画 前編 | トップページ | 大人のためのアキバ系講座4 「Perfume」から「ひぐらしのなく頃に」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179348/16645776

この記事へのトラックバック一覧です: 大人のためのアキバ系講座3 アイドルマスターとニコニコ動画 後編:

« 大人のためのアキバ系講座2 アイドルマスターとニコニコ動画 前編 | トップページ | 大人のためのアキバ系講座4 「Perfume」から「ひぐらしのなく頃に」 »