« マジックソルト | トップページ | CO2で、ビッグマック半額! »

2007年9月 6日 (木)

コレクターズアイテム

 昨日は、昔よくあったイタズラについて書きました。
こういう行為は、何とかやめてもらいたいと思います。

 僕らはサービス業ですから悪意のない限り、お客さんがどんなことをしようとも責めることはありません。
お皿やグラスを割ってしまったり、シートやフロアなどを汚してしまったとしても故意でない限り、あらかじめ想定してあるリスクの範囲内です。

 営業をしているうちに必ず起きることだとわかっていますから、たまたま起こしてしまったお客さんは、僕らにとっては単なる巡り合わせに過ぎません。
必ず起きる事故の配役が、そのお客さんに回ってきただけです。

 正直忙しい時間帯に起こってしまうと、多少面倒だなと思いますが……
しかし、悪意のあるイタズラはいけません。

人気blogランキングへ

 やられて困ることはいろいろあります。

 備品を持ち帰ったりするお客さんもいます。
特に灰皿などはよく無くなります。
無くなるのは新しい物を使い出したときが最も多いです。
新しいうちは、傷もなくロゴの印刷もくっきりしているので狙われるみたいです。
今時灰皿に困っている人なんかいないでしょうから、ロゴが目当てなのだと思います。
その証拠に、ロゴ入りの物とそうでない物では持ち帰られる確立が全然違います。
ロゴにそんなに価値があるとも思えないんですが、どうなんでしょうか。

 あとメニューも無くなることがありました。
メニューなんて持って帰ってもなんの使い道もないはずですが、これは何となくわかります。
メニューに使ってある写真やイラストなどが目的なのです。
表紙に料理の写真がメインに使われているときは、ほとんど紛失はありませんでした。
メニューに、有名○○○の○○○○が使われていたときは、かなり持って帰られました。

 しかし、備品の持ち帰りはまだ許せます。
許せないのは、他のお客さんにも迷惑のかかる行為です。
例えば、昨日書いた砂糖と塩の入れ替えなどです。

 最も許せないのは自分たちのテーブルの範囲外の共有部分に対するいたずらです。

 たとえばトイレに対するイタズラがあります。
トイレはレストランとして最も清掃に気を使っている場所です。
常にピカピカの状態を保つ必要があります。
そこに悪意のある行為を働く人間がいるのです。

 次回はそのことについて書きます。
これは近隣のライバル店もからんで、まさしく泥沼のバトルになった最悪の事件についてです。

 過去ログのインデックスへ
 カテゴリ別のインデックスへ
 TOPページへ


|

« マジックソルト | トップページ | CO2で、ビッグマック半額! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179348/16365697

この記事へのトラックバック一覧です: コレクターズアイテム:

« マジックソルト | トップページ | CO2で、ビッグマック半額! »