« 北見市断水 職員に高額時間外手当 112万円! | トップページ | 勝手に充電は「犯罪」 喫茶店、ファミレスも危ない!のか? »

2007年9月17日 (月)

「Google Earth」にフライトシミュレータが搭載されたってさ

 Google さんがまたやってくれました。
「Google Earth」でフライトシミュレータがプレイできるようになったのです。
去年からそれらしき機能はあったのですがが、今回のバージョンアップは違います。
以前僕がフライトシミュレータが大好きなことは書きましたが、今までのものははっきり言っておまけみたいなものでした。

 内容としてはマイクロソフトのMSフライトシミュレータなみの機能があります。
スクリーンショットを見て下さい。

Gefs_070917_2
  (拡大できます)

人気blogランキングへ

 画面には、ちゃんとヘッドアップディスプレイの表示もあり、まさにゲーム感覚です。
もちろん数字は飛行の状況に応じて変化します。
機体は、「F-16」と「Cirrus SR22」の二種類から選択できます。

Gefs_070917b
 (個人的にはF16じゃなくて、F15が良かったんですが……)

 ただし操作は難しく、機首を上げすぎれば失速します。
対地高度がゼロになれば、ちゃんと?墜落します。

 MSフライトシミュレータも相当にマニアックでしたが、負けていません。
しかしキー入力で操縦するには、十数個のキーを同時に使い分ける必要があります。
快適に遊ぶにはジョイスティックなり、コントローラーなりを用意するのが賢明でしょう。

 Google Earth の写真上を自由に飛べる快感は想像以上です。
今までのフライトシミュレータはグラフィックが弱点でしたが、これは写真の上を飛ぶわけですから、解像度次第で究極のリアリティがえられると思います。

 シミュレーションが、どこまで実機に近づいているのかはわかりません。
MSフライトシミュレータは実機に近い操作の難しさで知られていますが、普通の人間が楽しむにはこちらがベターでしょう。

 「今日からあなたもパイロット!」です。
ただし、コントローラーもしくはジョイスティックを用意して下さい。

 僕にとって残念なこと……
それは、「Google Sky」同様、「 3D CONNEXION 」がコントローラーとして使えないことです。
対応ドライバーも今のところ無い模様です。
誰か何とかして!

 過去ログのインデックスへ
 カテゴリ別のインデックスへ
 TOPページへ


|

« 北見市断水 職員に高額時間外手当 112万円! | トップページ | 勝手に充電は「犯罪」 喫茶店、ファミレスも危ない!のか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179348/16482355

この記事へのトラックバック一覧です: 「Google Earth」にフライトシミュレータが搭載されたってさ:

« 北見市断水 職員に高額時間外手当 112万円! | トップページ | 勝手に充電は「犯罪」 喫茶店、ファミレスも危ない!のか? »