« 無限スクロール | トップページ | パーキング・ウォーズ再び PART 2 »

2007年5月13日 (日)

パーキング・ウォーズ再び PART 1

 4月の終わりから、ずっと忙しい日々を過ごしてきたわけですがその間に、事件があったようです。

 ファミレス店員 ミクシィ日記でモーヲタ罵倒し「炎上」
                          Livedoor ニュース

 自分の行動や言動には注意しなければいけないなと、改めて感じました。
このブログには、直接お客さんを中傷するようなことは書いていません。
しかし、とりようによっては会社に都合の悪いことも書いています。
匿名で書いていなければ、今頃は更新を止めなければならないことになっていたかもしれません。

 と書いておいて何ですが、ゴールデンウイーク中、僕の店でも事件がありました。
以前にも無断駐車についてのトラブルについて書きましたが、
  (パーキング・ウォーズ PART 1)
また無断駐車によるトラブルがあったのです。

人気blogランキングへ

 無断駐車によるトラブルがあったのです。
ファミレスの駐車場は店内で飲食をされる方のために用意してあるわけで、全く店を利用しない人が車を止めることはもちろん、飲食をされた後車を置いたままどこかに行かれるのも困ります。
少しの間なら黙認しますが朝食を食べた後、車を置いたまま電車でどこかに行ったりするようなことは黙って見過ごすわけにいきません。
今回も6時間以上無断駐車している車を発見した副店長が注意したのですが、言い方が気に入らないと店長である僕が呼ばれました。

 無断駐車をしたAさんの言い分はこうです。

「無断で駐車をしたのは悪いが、ほんの一時間ぐらい(嘘)のことだ」
「フロントガラスに何故ステッカーを貼ったのか? 跡が残るしコーティングが取れてしまうではないか」
「無断駐車ぐらいで犯罪者のような扱い方をされるのは納得がいかない」

そしてお決まりの一言! 
「おまえじゃ話にならない。本社の電話番号を教えろ」です。

 僕は自分たちに非はないと思い、自分の名刺の裏に電話番号を記し「どうぞ連絡してください」と言いました。
Aさんは本社に電話すると言えば、こちらが怯むと思っていたようです。
当てが外れたような顔で、「社長に全部話してやる」と興奮した口調で言いました。
さすがに僕もあきれてしまい、
「残念ながら、社長が電話に出ることはありません。お客様係がいますので、そちらでお話を伺うことになると思います」
「何、馬鹿にするのか。その程度で済むと思っているのか?」
「そうですね、その程度のことです。これ以上事を大きくするなら、むしろあなたに不利ですよ」

 Aさんと僕は駐車場で話をしていたのですが、Aさんの連れの方は車に乗ってその様子をうかがっていました。
車は国産の高級車で助手席に座っているのは、おそらくAさんより20歳ほど若い女の人でした。
なるほど、そういうことか。
僕は納得しました。
要するにAさんは副店長の対応に対して怒っているわけではなく、連れの前で自分の面子をつぶされたことに腹をたてているのです。
素直に自分の非を認めて謝ってしまった方がずっとかっこいいと思うのですが、Aさんの価値観は僕とは違うようです。
事実、助手席の女の人も長引く話にうんざりしたような顔をしていました。

 過去ログのインデックスへ
 カテゴリ別のインデックスへ
 TOPページへ


|

« 無限スクロール | トップページ | パーキング・ウォーズ再び PART 2 »

コメント

うん、やはり悪口はいけませんね。

ワタシもミクシィのIDは持っていますが、そんなにログインしてないし、スレッドがあっても見守るコトの方が多いかな??

ミクシィは色々な面で厳しいみたいですね。

投稿: ファミレス・ガスト☆奮闘記!みゆりん | 2007年5月16日 (水) 17:01

みゆりんさん。
コメントありがとうございます。
僕自身はミクシィはやっていないのですが、どんなものなんですかねぇ。
最近ネットに接続している時間が激減しているので、その辺の事情に疎い面があります。
感覚としては、「@ニフティ」が「ニフティサーブ」だった頃のパソコン通信のような感じだったのでしょうか?

投稿: ばーど | 2007年5月18日 (金) 21:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179348/14997255

この記事へのトラックバック一覧です: パーキング・ウォーズ再び PART 1:

« 無限スクロール | トップページ | パーキング・ウォーズ再び PART 2 »