« 一時休戦 | トップページ | 秋のゴールデンウィーク »

2007年5月 5日 (土)

1997「TOUGH」から、 2007「CAN'T BUY MY LOVE」へ

 以前カーナビに入っている音楽について書いたことがありました。
その中で最年少のアーチストは「木村カエラ」だったわけですが、最近記録更新されました。
木村カエラは、店で働いている高校生に勧められて買ったのですが、今回は違います。
TSUTAYAで、DVDを選んでいるときに店内でかかっていたのです。

 「YUI」の、「CHE.R.RY」 です。

TSUTAYAでかかっていたのは偶然ですが、これを聞いてある歌手を思い出したのです。

 それは「橘いずみ」です。

人気blogランキングへ

 1997年5月、午前4時。
 天気は雨。
 僕は家に向かう車の中にいました。
 家までの距離はおよそ30km。

 車載TVに放送されていたのは、天気予報でした。
天気予報といっても音声での案内はなく、代わりにずっと音楽が流れていました。
天気予報は一定の間隔で同じ内容の予報を繰り返し画面に表示しています。
バックで流れているのが、橘いずみ・・・
天気予報と音楽情報番組を兼ねているようでした。
毎日日替わりで、いろいろなアーチストのアルバムを特集していたようです。

 その日流れていたのが、当時発売された橘いずみのアルバム「TOUGH」でした。
僕はその中の「SHOOTING STAR」という曲が特に気に入って、次の休みにCDショップに足を運びました。

 「CHE.R.RY」が「SHOOTING STAR」に似た曲だというのとは少し違います。
僕の頭の中には、曲に限らず全てのものが何かと関係づけられて記憶されているような気がします。
曲に関して言うなら、声質、歌い方、リズム、曲調、聞いたときの精神状態・・・
そして古い記憶から、新しい記憶へとベクトルが受け継がれていきます。
他の何とも関連づけられなかった記憶は消え去り、二度と思い出すことはありません。
逆に何かをきっかけに、忘れていたものがふいに思い出されることがあります。

 「TOUGH」はCDチェンジャーの中に入れたまま、繰り返し聞きました。
CDですからすり切れることはありません。
しかし、記録ピッドがレーザー光線で焼き切れてしまうのではないかと思うくらいエンドレスで聞いていました。

 「YUI」と「橘いずみ」の間に特別な関係を感じるのは僕だけかもしれません。
説明は不能です。
感性ですから。
両方聞いていただければ、あるいは分かっていただける方がいるかもしれません。
そういう人とは、もし出会うことがあれば長く付き合っていけそうな気がします。

 記憶は関連づけられたものが他にも掘り起こされてきます。
自分の好みの音楽は、どんどん関連づけが増えていきます。
時系列順に思い出してみると、

広瀬香美 ⇒橘いずみ ⇒椎名林檎 ⇒YUI

 どうでしょう? あまり賛同は得られない気がしますが・・・
特に広瀬香美⇒橘いずみ、のあたりは。
しかし僕は「橘いずみ」を聞いたときには、「広瀬香美」を思い出しました。
「橘いずみ」から、「YUI」へとなぜ一つとんでいるかというと、「椎名林檎」がデビューした頃僕は通勤時間が短かったからです。

 僕が音楽を聴くのはほとんど車の中です。
大音量で聞かないと満足できないので、そうなりました。
誰にも遠慮せずに音量を上げられるのは、走行中の車の中しかありません。
そういう理由で、「椎名林檎」は聞く回数が少なかったので、先に「橘いずみ」が思い出されたわけです。

 ついでに他にも僕の中での関連づけを書いてみましょう。

 話の最初に出てきた「木村カエラ」は僕にとって、
「リンドバーグ」です。

 「レベッカ」のNOKKOは、
「CHARA」の姉であり、その血脈は、
「the brilliant green」、
「LOVE PSYCHEDELICO」へと受け継がれています。

 川瀬 智子と同一人物とは思えない「Tommy february6」は、小さい頃に聞いたポップソングの継承者です。

 以上全て、僕の感じるままに書きました。

 気がかりなのは「the brilliant green」の後継者がいないことです。
バンドは解散するかもしれませんから・・・
特にメンバー間で結婚してしまったので、更に不安です。
もしもの時は、Tommy february6とTommy heavenly6が合体して、後継者になってくれるような気もしますが。

PS 
 余談ですが、「橘いずみ」さんは、「榊いずみ」とアーティスト名をあらためて活動していくことになったそうです。
 「TOUGH」以来10年ぶりのフルアルバム「Family Tree」を、4月25日に発表されたそうです。
 GWが終わったら、買いに行こうかと思っています。

 過去ログのインデックスへ
 カテゴリ別のインデックスへ
 TOPページへ

|

« 一時休戦 | トップページ | 秋のゴールデンウィーク »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179348/14907536

この記事へのトラックバック一覧です: 1997「TOUGH」から、 2007「CAN'T BUY MY LOVE」へ:

« 一時休戦 | トップページ | 秋のゴールデンウィーク »