« スーパー・アルバイター PART 26 深夜のドン 14 | トップページ | スーパー・アルバイター PART 27 深夜のドン 15 »

2007年2月 9日 (金)

一カメ、二太郎、三マウス (ATOK2007)

今日は、ネットで予約して商品が届くのを楽しみにしていました。
先月、デジカメを買い換えてしまったので、しばらく散財はしないと誓ったのですが。

何を買ったかというと、
それは、「ATOK2007」です。
本来ならば今頃はインストールが終わっていたはずです。
その為に、ディスクスペースを空け、デフラグを済ませ、万全の体制で待っていたのですが・・・

ATOKは僕にとってかなり重要なものです。
久しくバージョンアップしていなかったので期待は大きかったです。

なぜ配送されなかったかというと、同時発売になった、

人気blogランキングへ

「JUST Suite 2007」

のインストーラーに不具合があることが分かったためとのことです。
最悪の場合、OSの起動に支障がでる可能性があるそうです。
ジャストシステムさん、何をやっているんでしょうか?
これでは、「JUST Sweet」です。

今回僕がが購入したのは、「ATOK2007」と「角川類語新辞典 for ATOK」だけなので直接関係はないはずなのですが。

ジャストシステムによると、単体の「ATOK」と「JUST Suite 2007」と同梱のものが区別できない為らしいです。
商品はすでに宅配業者に回っていたので確認できず、すべての物の配達を急遽停止したそうです。

ジャストシステムにとっては一大事でしょうが、こちらにとっては困ってしまう出来事です。
再び配送されるのは、1週間から2週間後の予定です。

ATOKとは、まだワープロといえば専用機だった時代からのつきあいです。(文豪とか書院とか・・・)
もちろん、一太郎とセットだったものです。
その後、世の中の流れに逆らえずワープロソフトは「Word」に切り替えてしまいましたが・・・
マイクロソフトには悪いですが、当時の「Word」は性能的には「一太郎」に劣っており、僕の認識では、欧米のタイプソフトに無理矢理日本語を表示させたものといった感じでした。

事実、「一太郎」と「Excel」の組み合わせでプレインストールされたパソコンが売れ筋でした。
今では、考えられませんが。

僕は日本企業であるジャストシステムを応援する気持ちが強いですが、今回のことが今後の営業に悪影響を与えないかが心配です。

僕は発売日に「ATOK2007]を手に入れることはできませんでしたが、店頭販売は予定通り今日から行われているそうです。
しかし、すでに直販で申し込んでいるので、そちらを買うこともできません。
気落ちして、別の品物を買ってしまいました。
それは、マウスです。
Logicool の「MX Revolution」です。
レボリューションという名前が気に入りました。
もちろん本当の目当ては、

「プレシジョン スクロールホイール」です。

送料込み、10475円でした。(高すぎる! でも買ってしまった)

ジャストシステムさんのおかげで、無駄使いをしてしまったかもしれません。現物を見ずに、ネットで買ってしまったので、払ったお金に見合う物かどうか少し心配です。
何しろ僕が買ったマウスの中では、史上最高に高い品物です。
調子がよければ、また感想など書いてみようと思います。

では、本日の日記、終了です。
明日は、スーパーアルバイターPART 27です。

PS
タイトルですが、誤解されたようなので変えました。
「一姫、二太郎、三なすび」という言葉はありません。
「一姫、二太郎」もしくは「一富士、二鷹、三なすび」です。
この二つは語感は似ていますがまったく関係ありません。

「一姫、二太郎」=初めての子は、手間のかからない女の子が良い。
「一富士、二鷹、三なすび」=初夢で見ると縁起の良い順番。

ということです。

 過去ログのインデックスへ
 カテゴリ別のインデックスへ
 TOPページへ


|

« スーパー・アルバイター PART 26 深夜のドン 14 | トップページ | スーパー・アルバイター PART 27 深夜のドン 15 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179348/13853137

この記事へのトラックバック一覧です: 一カメ、二太郎、三マウス (ATOK2007):

« スーパー・アルバイター PART 26 深夜のドン 14 | トップページ | スーパー・アルバイター PART 27 深夜のドン 15 »