« ただいま、ココログ冬眠中 | トップページ | カテーテル・アブレーション日記 PART 10 成功率98% »

2007年1月17日 (水)

成人式と写真館と、サービス券 PART 8  FIN

  PART 1 から読むにはこちらへ

見本の券はすぐに見つかりました。

裏を返すと、確かに有効期限は記されています。
もう一度、今日回収された券を見ると、何かが微妙に違います。
サービス券は、パソコンでプリントされたものでしたが、紙も結構上等なものを使用し、両面印刷でした。
裏面は、成人式の日以外の営業内容についての宣伝に使われていました。
しかし、その宣伝内容についての項目が一行増えています。
2枚を重ねて透かしてみるとよく分かりました。
宣伝項目が、一項目増えたことにより、一番下の行の有効期限が、枠外に押し出されて印刷されていないのです。
レイアウトを変更した時に、不注意で見逃してしまったのでしょう。
期限が書かれていないと言うことは、無期限ということです。
ますます、やっかいなことになりました。

人気blogランキングへ

僕はあわてて表面も確認しました。
よかった・・・
うちの店のみで有効であることは、ちゃんと記されていました。
これで少なくとも、他の店にまで迷惑をかけることは無くなったわけです。
しかし、期限が書かれていない、発行枚数も分からないサービス券が出回っていることに変わりはありません。
自社発行の券ならば、社内で事務処理が完結するのでまだいいのですが、この券の場合写真館から払い戻しを受けなければなりません。
せめて、期限の書き間違いであれば、最終的に何時で券が回収されなくなるのか分かります。
しかし今回は、理論的には永遠に回収が続く可能性があります。
発行枚数が分からないので、すでに出回っている券が無くなったかどうかも不明です。
何年か先に、その券を持ってくるお客さんがいるかもしれません。

その後10日ほどは毎日数枚の回収がありました。
写真館の店主は、毎日サービス券の精算のために来店しました。
会社としての取引先ではないので、掛け払いでの処理はできないからです。
こちらとしても毎日売上金を銀行入金しなければならないので、現金決済してもらわないと困る事情があります。
さすがに、日にちが経つと回収は少なくなり、全くない日もありました。
しかし、もう無くなったかと思った頃に、ポツリと回収があったりします。

この後3ヶ月ほどして、店長は他の店に異動していきましたが、新店長への申し送り事項にこのサービス券のことが加わったことは言うまでもありません。
僕も一年後にその店を離れたので、その申し送り事項がいつまで続いたのかは分かりません。
今でも伝えられているのでしょうか・・・

ちなみに、サービス券の印刷に使われた写真館のプリンターは、当時耐光性に優れたインクが使用されていると評判の機種でした。
経年変化で、印刷が消えることもないわけです。

          "FIN"


 過去ログのインデックスへ
 カテゴリ別のインデックスへ
 TOPページへ

|

« ただいま、ココログ冬眠中 | トップページ | カテーテル・アブレーション日記 PART 10 成功率98% »

コメント

どうなることかと・・・ずっとはらはらしました。
やっと、安心してコメント書けます♪
ほんと、来るぞ~来るぞ~という感じで・・・スリルありました。

で・・・最後まで怖かった。
あの、「半永久的」なサービス券・・・こわ~い・・・。
サービス券・・・夢にでてきそう・・・。

お言葉に甘えてリンクさせていただきました。
これからもよろしくお願いいたします。

投稿: わこみ | 2007年1月17日 (水) 20:49

こんばんは!
いやぁ~すごいですね…
まさか永久的に回収する事になるなんて…

怖いですね(>_<)

自分もこれから外食コンサルとして
働くの気を付けていきたいと思います!
本当に勉強させて頂いております♪

ありがとうございます♪

投稿: Kenny | 2007年1月18日 (木) 01:41

ヾ(ゝω・`)oc<【。:+* コンバンワ *+:。】みゆりんです

なんか気が気じゃないですよね。そういう小さな爆弾って。
でも、「自店のみ有効」のクーポンも他の店舗に持っていったりありますよね・・・。


ガストも随分前にプレミアムカフェのクーポン券が、86円→105円に変わったのですが、とある生命保険のものだけ86円で続いていたんです。期限は確か今月くらいまであったかなぁ。
ハンディ機に、86円プレミアムカフェのキーはないので、その他飲食で伝票を作るんです。

通達も熟読している私は、そういう券があるのは知っていました。
2ヶ月程前だったでしょうか。見慣れないお客様がその券を持参してこられました。

それはコピーしたモノだったのです。

オフィシャルサイトで、クーポン券がプリントアウト出来た頃は、コピー有効でしたが、今はそういったのはありません。

クーポン券でお客様と喧嘩したくないので、あえて言いませんでしたが・・・。

投稿: ファミレス・ガスト☆奮闘記!みゆりん | 2007年1月18日 (木) 19:23

わこみさん。
コメントありがとうございます。

長々と書いてしまったのに最後まで読んでくださってありがとうございます。
もっと簡潔に、必要なことだけを書ければよいのですが、なかなか・・・

リンクをしてくださったということで、嬉しいです。
こちらからも、早速リンクを貼らせていただきました。
訪問してくれる人を増やすには、こういう地道な営業活動が必要なのでしょうか・・・

投稿: ばーど | 2007年1月19日 (金) 01:43

kennyさん。
コメントありがとうございます。

勉強なんてとんでもない、外食コンサルタントと言えば、こちらが教えてもらわない立場じゃないですか。
今度ゆっくりkennyさんのブログに訪問させていただきます。

僕も以前、新店立ち上げのサポートメンバーのキャップとして全国をとび回ったことがあります。
毎日が新人教育で、緊張の連続でした。
新店がうまく立ち上がるかどうかは、店長とサポートの力量に左右されるので、評価は一目瞭然です。
短期間に結果を出さなければならないので、厳しい日々でした。
今となっては楽しい思い出です。
いい経験になりました。

投稿: ばーど | 2007年1月19日 (金) 01:58

みゆりんさん。
コメントありがとうございます。

ほんとうに色々ありますよね。
値段の変更に、空伝票発行で対応ですか。
システムが対応してくれれば、いい話なのに・・・

僕も、会社のシステム部には不満が鬱積しています。
まあ、ほとんどシステムソフトは外注でしょうから仕方がないのかもしれません。
しかし、それにしても、もっとましな発注の仕方があるだろうに・・・
もっと、現場の意見を聞いて欲しいです。
なんども、稟議書を提出しているんですが、それは無理だとか、先にやることがあるとか言われます。
機械が新しくなっても、ちっとも使いやすくなっていません。
ものすごい費用をかけているはずなんですが。

券の運用にしても、その他のことにしても、いい加減な店が近くにあると困ってしまいます。
「あそこではやってくれたのに」
と言われるのが辛い。
うちの店もたいていの要望には応じますが、絶対やっちゃいけないことを要求するお客さんもいるので・・・
僕の店では、苦情になろうと本部に電話されようとかまわないから、絶対に応じるなと指示してあることがいくつかあります。

愚痴が多くなってしまいました。
すみません。

投稿: ばーど | 2007年1月19日 (金) 02:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179348/13511828

この記事へのトラックバック一覧です: 成人式と写真館と、サービス券 PART 8  FIN:

« ただいま、ココログ冬眠中 | トップページ | カテーテル・アブレーション日記 PART 10 成功率98% »