« 成人式と写真館と、サービス券 PART 2 | トップページ | 成人式と写真館と、サービス券 PART 4 »

2007年1月11日 (木)

成人式と写真館と、サービス券 PART 3

  PART 1 から読むにはこちらへ

さて、その日も16時頃店は危険な状態でした。
16時という時間から、料理もサンドイッチ等の手間のかかる料理が多く入っていました。
キッチンは夜のプリパレ(下ごしらえ)も同時進行で進めなければならないので、店長がフォローに入りました。
席は満席、ウェイティングが10組以上。
駐車場は若者の車で埋まり、クラクションが響いています。
僕はホールの全員に苦情だけは絶対に出すなと指示し、かねてからこういう時のために教えておいた方法で対処するように命じました。
その対処法については、また別の機会に書こうと思います。

写真館のお客さん用に用意してあった3席は、すでに埋まっていました。
写真館の方も撮影が大変で予定が押しているのだろうと僕は思いました。
次から次へと入客は押し寄せてきます。
ホールもキッチンも危ういところで、持ちこたえていました。
その時でした、

人気blogランキングへ

レジ前でお客さんのご案内をしていたリーダーの早川さんが、料理の交通整理をしている僕のところに走ってきました。
「マネージャー、お客さんが店長を呼べと言っています」
僕は背筋が凍るのを感じましたが、起こってしまったことは仕方がありません。
キッチンの方をチラリと見ると、店長はキッチンのセンターで奮闘中です。
今店長をキッチンから抜けば、崩壊するのは目に見えていました。
僕は、まず自分が行くことにしました。
早川さんに事情を店長に伝えるように頼むと、僕は玄関の方へ向かいました。

そこには更に増えたウェイティングが20組近くいました。
そのことは分かっていましたが、あることに気づき僕は驚きました。
ウェイティング中のお客さんの半数近くが、写真館発行のサービス券を握りしめていたのです。
そして、どうやら店長を呼べと言ったお客さんはその中の一人のようでした。
さらに、写真館のお客さんらしい他の人たちも目がつり上がっていました。
彼ら全員が怒っている?

しかしいったいどういうことなのか。
撮影待ちのお客さんのためのサービス券という話だったのに、すでに3つの予約席は埋まっています。
さらに、ここには少なく見積もっても10組のサービス券を持った人たちがいます。
いったい今日中に何組の撮影をするつもりなのか?
夜までに、全ての撮影を済ませることが、あの写真館に可能なのだろうか?
店長のところに説明に行っていた早川さんが戻ってきて僕に言いました。
「マネージャー。他にも店のあちこちでサービス券を持った人がいますよ。ご案内の時に撮影待ちだとは言われなかったので普通の席に通しましたけど・・・  でもどう考えても撮影待ちじゃない人もいますよ」
写真館は、いったい何枚の券を発行したのか?
撮影待ちではない人にサービス券が渡っているのは何故なのか?
僕には分かりませんでした。

  PART 4につづく

 過去ログのインデックスへ
 カテゴリ別のインデックスへ
 TOPページへ


|

« 成人式と写真館と、サービス券 PART 2 | トップページ | 成人式と写真館と、サービス券 PART 4 »

コメント

はじめまして、kennyと申します!
本日始めてブログ訪問させて頂いたのですが…

すごいリアルタイムな内容で
かなり読んでてドキドキです!

自分も飲食やってるので
クレームの時のヒヤってする感じは分かります(笑)

PART4楽しみにしてます♪

投稿: Kenny | 2007年1月12日 (金) 02:27

kennyさん。
コメントありがとうございます。

kennyというと真っ先に思い浮かぶのは、Kenny Gですが、外食関係の方なのですね。

そういう方からコメントをいただくと、緊張します。
このブログには、ずいぶんと生意気なことも書いてありますので・・・
しかし、自分なりの経験から出てきた考えなので多少の自負はあります。
そのおかげで、出世が遅れたとの説もありますが・・・

投稿: ばーど | 2007年1月13日 (土) 23:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179348/13443221

この記事へのトラックバック一覧です: 成人式と写真館と、サービス券 PART 3:

« 成人式と写真館と、サービス券 PART 2 | トップページ | 成人式と写真館と、サービス券 PART 4 »