« カテーテル・アブレーション日記 PART 15 二つの薬 | トップページ | カテーテル・アブレーション日記 PART 16 コントロール »

2007年1月29日 (月)

スーパー・アルバイター PART 23 深夜のドン 11

    PART 1から読むにはこちらへ

ファミレスのキッチンに何が大切かというと、

一に 合理的に行動できる要領の良さ。 (いい意味です。だんどりが大切)
二に 記憶力。 (ミスを、犯さない)
三に 几帳面さ。 (盛りつけのセンス、衛生管理など)
後もう一つ、体力です。

僕に何が欠けているかというと・・・

さて、武内君とのオーダー勝負は準備も整い、後はオーダーが入ってくるのを待つだけになりました。
他に新しいオーダーが入るところはないので、僕と武内君はホールの方を見守っていました。

人気blogランキングへ


団体が座っている場所は、キッチンからも見えるところです。
そうとうに騒がしいお客さんで、こちらまで声が聞こえてきます。
「オーダー行きます!」
深夜のホールをまかせているウェイターの新庄君が、陽気にテーブルへ向かいました。
ホールにはもう一人、脇田さんという女の子がいますが彼女は動きません。
どうやら、オーダーを取るのは新庄君一人が全部行い、完全に分業で行くつもりのようです。
深夜とはいえ他にお客さんも入ってきますし、会計もあります。
二人ともオーダーにかかると、身動きが取れません。
なかなか、分かっているなと思いました。

数分後、オーダーが入り始めました。
一枚目のチェックがプリントアウトされ、新庄君は次のテーブルに向かいました。
脇田さんは、そのチェックを見てテーブルセットの準備を始めました。
このチームワークなら、新庄君が最後のテーブルのオーダーを取り終わる頃には、他のテーブルは料理を運ぶだけになりそうです。
もちろんそれは、その間に入客や会計が無ければの話ですが。

オーダーを待っている間、僕はあることを考えていました。
その日僕は、武内君に仕事上のことでお願いがあって深夜のシフトに入ったのでした。
それは、武内君の負担を増す要請だったので、その重要性を説明しましたが、彼は彼なりの理論で反論してきました。
あながち不当とも言えない彼の主張に、僕がとまどっていると、武内君はいきなりオーダー勝負をしようと持ちかけてきました。

負けたら、なんでもいうことを聞くという条件で・・・

しかし、武内君は自分が勝った時はどうしたいか何も言っていません。
これは、いったいどういうことのだろうと思いました。

「武内君?」
僕がそのことを聞こうとした時、ピピッという音とともに一枚目のチェックが入ってきました。

勝負、スタートです。

  PART 24 につづく

 過去ログのインデックスへ
 カテゴリ別のインデックスへ
 TOPページへ


|

« カテーテル・アブレーション日記 PART 15 二つの薬 | トップページ | カテーテル・アブレーション日記 PART 16 コントロール »

コメント

先日、何年かぶりにファミレスに行きました。
おもわず・・店内を見渡してしまいました・・。
あ~、この子(とても若かった・・)もがんばっているのだなぁ・・と
今までとはちょっと違った感じでした・・。

勝負・・気になります♪
どうなるのでしょう???

投稿: わこみ | 2007年1月30日 (火) 11:22

わこみさん。
コメントありがとうございます。

何年間ぶりかにファミレスですか・・・
こんなところにも業界不振の表れが。

ファミレスには、
がんばっている子も、がんばっていない子もいます。
立地の良いお店も、立地の悪いお店もあります。
努力している社員も、努力していない社員もいます。
居心地のいいお店もあれば、そうでないお店もあります。

でも、僕たちを選ぶお客さんには関係ありません。

できれば、いいお店と思われたい・・・

投稿: ばーど | 2007年1月31日 (水) 23:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179348/13697945

この記事へのトラックバック一覧です: スーパー・アルバイター PART 23 深夜のドン 11:

« カテーテル・アブレーション日記 PART 15 二つの薬 | トップページ | カテーテル・アブレーション日記 PART 16 コントロール »