« 車とバイクと、スローライフ | トップページ | あしたのために、その一 »

2006年12月15日 (金)

仮名舞踏会

また、ミクシィでトラブルがあったようです。

●モスバーガーバイト 客を中傷?ミクシィ「炎上」

飲酒運転告白」など、ミクシィでのトラブルが絶えないが、またまた「祭り」が勃発した。
大手バーガーチェーン「モスバーガー」のアルバイトが作成したとされる「コミュニティー(コミュ)」で、接客上の愚痴を言うスレッドが立ち、「お客を冒涜している」として批判が巻き起こった。
                   (J-CASTニュース より)

僕自身も、このブログでいろいろと内部事情に分類されるようなことも書いています。
そういうことにまったく触れなければ、このブログの存在意義はなくなるからです。
ということで、問題が起きる可能性がゼロではありません。
そこで一応多少の工夫はしています。
具体的には、

人気blogランキングへ

このブログに出てくる人物の名前は、一部を除き仮名です。

会社の組織やシステムに関しての情報は、特定を避けるために僕の属している会社固有のものではなく、他社の情報と振り替えているところがある・・・ かもしれません。

ここに書いてあることは、実際にあったことではなく僕の想像の産物・・・ かもしれません。

現実のいかなる組織、個人、事象とも関係ない・・・ でしょう。
ということにしておきます。

ところで、この件に関するモスフードサービスの対応は、
「『個人的な趣味の場であっても、お客様を不快にさせるような言動は慎むように』といった、注意喚起を各店舗に対して行う予定です」
と、特に処分などは行わないことを明らかにしている。
だそうです。

いたって、大人な対応ですね。
僕の会社も、こうならいいんですが、たぶん大問題にされるでしょうね。
企業としての体質は、そちらの傾向にあると思います。
こういう体質を変えていかなければ、未来に向けて伸びていくことは・・・

危険なことを書きそうなのでこのへんにしておきます。

本当は今日は、Winny裁判について書こうと思っていたんですが、予定を変更しました。
少しだけ触れると、ソフトを作っただけで、それを悪用した人の責任までとらされるなら、タイヤのはずれるトラックを作って死亡事故を発生させた、三菱ふそうの責任者が無罪なのはなぜでしょう。
確かに重要な国家機密を漏洩させたのは、Winnyのせいですが、そのこととソフトの制作者の金子氏とは無関係です。
Winny裁判について、もう少し触れると、今回の判決は地裁の判決ですから、判例にはなりません。
同種の裁判に対する法的拘束力もありません。
ただ、そういう判決がでたという事実があるのみです。
法律的には、他の裁判に対する影響はゼロ、のはずです。
地裁の判決が出たにすぎない段階で、金子被告が悪であるという論調に世論が傾くとすればそれは危険です。
判例と呼べるのは、実質的には最高裁の判決ですから、今後判決が覆る可能性は十分あります。
というより今回の判決は、金子被告を有罪にしておいて、世間に対する見せしめとするためのように思います。
そして、その効果を十分に利用した後で、上級審において国際スタンダードに則った判断を下し無罪とする。
そういうシナリオが、あるように思います。

 過去ログのインデックスへ
 カテゴリ別のインデックスへ
 TOPページへ

Fantastic Instrumental

  この動画はCGですが、実際に作ることも可能ではないでしょうか。
  見てみたいです。

|

« 車とバイクと、スローライフ | トップページ | あしたのために、その一 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179348/13073790

この記事へのトラックバック一覧です: 仮名舞踏会:

« 車とバイクと、スローライフ | トップページ | あしたのために、その一 »