« スーパー・アルバイター PART 18    深夜のドン 6 | トップページ | FREE HUGS »

2006年9月 6日 (水)

ただいま夏休み中、別荘にいます!

長らく更新を怠っていましたが、それにはちょっとした理由がありました。
実は現在僕は、別荘におります。
それは、〝病院〟という名の別荘です。
病院内ですから、当然携帯電話は使用禁止です。
しかも、入院しているのが循環器科の病棟なのでパソコンなどの電子機器も使用できません。
現に隣のベッドの人は、ペースメーカーを埋め込んでいる人です。

ということで、ここ数週間、更新どころか自分のブログの閲覧もままならない状態でした。
時間だけは山ほどあるのですが、それを有効に使う術がありません。
心臓病による入院という、なかなか得難い経験をしているので、そのことに関しては、

『カテーテル・アブレーション日記』として、記事にしたいと思っています。

僕の病気に関することと平行して、言わば〝スーパー・ヘルプ参上〟の続編とも言うべき内容も書きたいと思っています。
なぜなら現在僕の店は、八木さんを中心に店長不在のまま運営しているからです。
僕がこのまま現在の店に店長として復帰できるかどうかは分かりませんが、最前を尽くしたいと思っています。

最初は、心臓病に関することを書くことになるので、別に心臓病に関するブログを立ち上げようかと思いました。
しかし、そうそうエネルギーもありそうにないし、店の運営に関することも書きたいので、ちょっとテーマは違いますが掲載したいと思っています。

これから、WPW症候群の治療等でカテーテル・アブレーションを受けようと思っている人の参考になるかどうかは分かりませんが、そういう方の一助になればと思います。
というのも、実は僕の場合WPW症候群ではなかったからです。
アブレーションを受ければ成功率が98%で、根治が可能なWPW症候群だと考えていたのですが、残念ながら僕の場合は違いました・・・
突然、WPW症候群だの、カテーテル・アブレーションだのと、何のことだか分からないと思いますが、心臓は誰にとっても一つしかない大切な臓器です。
健康だと思っている方も、ここでひとつ自分の体のことを考えてみませんか?
特に外食産業で働いている同志の方々、突っ走るのもいいですが、たまには体を労りましょう。

入院中の僕がどうやってブログを更新するかは内緒ですが、ある方のご協力を得て久しぶりに更新することができました。
そういう事情ですので、コメント等に対するお返事は書けそうにありませんが、スーパー・アルバイターの記事も可能な限り更新をしたいと思います。

人気blogランキングへ

|

« スーパー・アルバイター PART 18    深夜のドン 6 | トップページ | FREE HUGS »

コメント

いつも楽しく読んでいました。

ずっと更新がないので心配していたのですが。。。
無理しないでくださいね。
元気になるのが、一番です。

投稿: hana | 2006年9月 7日 (木) 23:05

はじめまして、くりと申します。
最近このHPを見つけ、時間がある時に全部読み返していました。
飲食店で働いているので、
ブログの内容は共感できるものが多く、
とても楽しみにしています。
飲食店の店長さんはハードで長時間勤務ですよね。
人材育成や経費など、大変な苦労があると思います。
うちの店長も毎日遅くまで勤務していて大変そうです・・・
どうぞゆっくりと休養なさってください。
そして無理なさらずに。

投稿: くり | 2006年9月 8日 (金) 21:00

すごくすごく心配だったのですが・・・そういう理由だったのですね。
ここを通じてしか店長さんを知ることが出来ないのが残念です。
でも、今の状況でも前向きさを感じる言葉にまた
尊敬な気持ちになります。
店長さんはすごいなぁ・・・
ご自分の体もお店のことも働いているスタッフさんにことも
きっと心配だったり気がかりだったりすること多いと思いますが
ゆっくり体を休めてほしいと思います。
復活の為の休養ですからネ☆

ちなみに友人は重度の心臓病でした。
でも今は元気すぎるくらい元気です。大丈夫です!

一日も早く体がよくなること 
心より祈っています。

投稿: lily* | 2006年9月16日 (土) 14:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179348/11790708

この記事へのトラックバック一覧です: ただいま夏休み中、別荘にいます!:

« スーパー・アルバイター PART 18    深夜のドン 6 | トップページ | FREE HUGS »