« ボーダーライン、103 | トップページ | サンドイッチとナイフの関係 »

2006年6月 8日 (木)

タイムラグを狙え!

  ファミレス店長の敗者復活戦、全記録 Vol.010

アルバイトを、離婚予定で2ヶ月後に戻る旧姓で登録したいという希望を受けて、考え込んでしまった長沢店長ですが、奇策を思いつきました。
要するに旧姓での銀行口座さえあればOKなのですが、口座開設に必要な証明書がないので旧姓での口座は用意できません。
違法手段で、旧姓名義の口座を作るとかいうことではありません。
知っていてやったとすれば多少の問題はあるかもしれないけれど、単なるミスとして処理すれば、内部的にも対外的にもルールを犯さないで可能な方法を思いついたのです。
「篠原さん、今日は22日なのでもし採用ということになっても実際に働くのは来月一日以降になると思います」
さらに、長沢店長は給料の計算期間について説明しました。
アルバイトさんの場合は、毎月1日から月末までの一ヶ月間の労働時間に時給をかけたものが給料となり、翌月の10日に本人名義の口座に振り込まれます。
来月1日から働いたとすれば、最初の給料日は再来月の10日ということになります。
そこまで説明してから長沢店長は言いました。
「篠原さん、最初のお給料が振り込まれるのが少し遅れてもかまいませんか? それなら、旧姓で入社手続きをすることができるかもしれません」
「はい? それはべつにかまいませんけど・・・」
法も犯さず、社内のルールにも触れず旧姓で登録する方法とは、

人気blogランキングへ

「篠原さん、口座を作る銀行は決めていますか?」
「いえ、特に決めてはいないですが・・・」
「でしたら、都合の良い銀行と口座を作る支店を決めてください。そこの口座を登録しましょう」
「でも、旧姓での口座は開設できないんではないんですか」
「もちろん、今はできません。しかし、将来的にその銀行の口座を使う予定であれば何とかなります。口座を作ることはできないので、とりあえず適当な口座番号で契約書を作ってしまいましょう」
「どういうことか分かりませんが?」
長沢店長は、説明しました。
通常入社した時に交わされる契約書は、作成後すぐに本社に送付しないといけないことになっています。
なかには、ずぼらな店長がいて本社に送付するのを忘れたりする事故が起きることがあります。
月末締めの給料を、翌月10日に振り込むにはタイムリミットがあります。
店から20日までに書類を送付しないと、10日の振り込みには間に合いません。
この、契約書の送付を20日ぎりぎりまで延ばします。
そこに、記入されている銀行口座は、銀行名、支店名までは正しいのですが、実際には存在しない口座番号です。
名義は、契約書の名前と同じ旧姓にします。
ぎりぎりで書類の送付をしているので、銀行チェックが間に合わず、翌月10日には、そのまま存在しない口座へ振り込み手続きが行われますが、当然エラーになります。
銀行から振り込み不能の通知を受けると、本社の経理部から電話がかかってきます。
口座振り込みができなかったので、番号等に記入ミスがないかどうか至急確認して、連絡するように言われます。
この電話がおそらく、3日後ぐらいです。
契約書は契約者本人が記入するのですが、その時に通帳やキャッシュカードなどその場で口座番号を確認できる物を持っていないと、間違うことがあり得ます。
これを利用しようというのです。
本人に連絡が取れないと言いつつ数日引き延ばせば、ほぼ今から2ヶ月間が過ぎることになります。
その間に、離婚の手続きを済ませてしまえば、旧姓での銀行口座を取得できることになります。
そして、取得口座番号を記入した書類を改めて提出するのです。
この方法をとれば、とりあえず今、旧姓で入社手続きを済ませて、2ヶ月後に取得できた時点で銀行口座を登録することが可能です。
多少後ろめたくはありますが、単なる口座番号の記入ミスと言うことにすれば、大きな問題はありません。
実際にあり得ることですし・・・
ただ唯一の問題は、最初の給料の支払いが遅れてしまうということです。
正しい書類が本社に届いてから手続きがされますから、実際に振り込みされるのは月末近くになってしまうでしょう。
「どうでしょう篠原さん」
長沢店長が尋ねると、
「そちらの方でかまわないのでしたら、私の方はそうしていただければと思います」
まだ面接もしていないのに話ばかりが先に進んでしまっていることに気づいて、長沢店長はおかしくなりました。
しかし、面接はしていませんが、通常の受付の電話ならば3分ですむところを、すでに15分近く話し込んでいました。
何となく、採用することになるんだろうなぁ、と彼は思ったのです。
いい加減に思われるかもしれませんが、面接で採用するかどうかはほとんど第一印象で決まってしまいます。
ここで本人の資質を見抜くことができる人は、人集めに苦労しません。
この能力がある店長は、サービス業に向いた人を効率よく採用することができ、失礼な言い方を許してもらえば、「はずれを引く」ことがありません。
この判断は、ほぼ第一印象がもとになっています。
考えてみれば、ウェイトレスとして採用した場合、お客様が感じるのはこの第一印象ですから・・・

 過去ログのインデックスへ
 カテゴリ別のインデックスへ
 TOPページへ

|

« ボーダーライン、103 | トップページ | サンドイッチとナイフの関係 »

コメント

>銀行から振り込み不能の通知を受けると
>本社の経理部から電話がかかってきます。

銀行の登録エラーの場合、振込み方(ATMorPC)にもよりますが
お金が口座のある銀行に行ってしまった場合、
組み戻し手数料800円+再振込み手数料が
一番高い窓口扱い800円の計1600円もかかります。
#御社取引銀行内だと再振込800円で済みます。

経理的にはキレます。
バッチリ店舗P/Lに入れて店長を脅してますけど。

結構、番号ミスや銀行合併未報告なんかが多いので、契約書に
次月のバイト代から引く旨を明記し、通帳コピー添付の上
本社提出にして頂いてます。(まだ引いた事ないですが)
口座のない高校生は、初月は現金か親の口座にしてもらってます。
因みに、うちなら、離婚のことを知らないことにしちゃいます。
あくまで店舗側の報告ミスにしとけば免責かなっと。。。
税務署に確認していませんので分かりませんが。

投稿: 飲食店の経理部 | 2006年6月26日 (月) 00:29

飲食店の経理部さん、コメントありがとうございます。
なるほど、そういうことになっているのですか。
ちなみに、僕は経理から脅されたことはありません。
僕自身は滅多にミスしませんので・・・
本人にペナルティというのも、うちでは無いと思います。
まあ。色々あって経理も大変ですね。

投稿: ばーど | 2006年6月28日 (水) 19:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179348/10439489

この記事へのトラックバック一覧です: タイムラグを狙え!:

« ボーダーライン、103 | トップページ | サンドイッチとナイフの関係 »