« 生樽ロシアンルーレット | トップページ | グッドバイ、NIFTY-Serve! »

2006年6月 1日 (木)

グッドバイ、PC-98!

少し部屋の整理をしたので、パソコンを処分しました。
それは、21世紀になってからは一度も電源の入っていない往年の愛機、PC-9821XA13/K12です。
何となく捨てられないでいるうちに、気づいたら簡単には処分できなくなっていました。
ゴミとして処分されることはできなくなり、全てメーカーに送ってリサイクルされることになっています。
PCリサイクルマークがないものは有料になります。
僕の場合、ディスプレイは三洋製なので、別々に申し込まなければなりません。(うーん、めんどくさい)
考えていてもしょうがないので、処理方法を検索するとすぐに分かりました。
メーカーのサイト上から簡単に申し込むことができました。
入力するのは、住所氏名等と、対象となる機種の型式名です。
5日ほどでメーカーから振り込み用紙が送られてきます。
コンビニ等で料金を振り込むと、さらに一週間ほどで〝エコゆうパック〟と書かれた伝票が送られてきます。
料金は、PC本体が、3150円
ディスプレイが、 4200円でした。

しかし、これって本当にリサイクルされるんでしょうか?
疑問です。
なぜなら、

人気blogランキングへ

梱包方法が、適当でよいのです。
と言うより梱包の必要はなくポリ袋に入れるだけでOKです。
送られてきた「使用済みパソコン排出手順書」に書いてあるので間違いありません。
調べる前は、段ボールはどうしようかとか、発泡スチロールは必要かな、などと考えていましたが、まったく必要ありませんでした。
それどころか、段ボールに入れる場合でも、余分な緩衝材は不要なので入れるなと書いてあります。(入れなくても良いではなく、入れるなと書いてあります)
数千円取って回収するのに、普通に生ゴミと同じような取り扱いです。
これって特別な回収方法をとる意味があるんでしょうか?
大いに、疑問。
最近、街を廻ってくる電気製品等の回収業者がいます。
彼らは、壊れたテレビ、ラジカセ等を無料で回収しますと、スピーカーで流しながら廻ってきます。
その中に、パソコンも回収すると言っている業者がいます。
パソコンの前に「壊れた」と付けていないので、動く物しか回収しないのかもしれませんが、業者の様子を見ると、どう見ても動作確認ができるとは、失礼ながら思えません。
動く物なら、10年前の物でも数千円で売れるのかもしれませんが、動かなかったらどうするのでしょうか?
3150円払って業者が、メーカーにリサイクルを申し込む?
まさか、山中に投棄したりしませんよね・・・
不法投棄されたパソコンのシリアルナンバーのユーザー登録から、僕の名前が浮かんできたりして・・・
そんなこともあって、お金を払って正規に処分することにしました。
長年お世話になったマシンだから、最期を看取るのも務めでしょう。

こうして、往年の我が愛機 PC-9821XA13/K12 はディスプレイとともに、県内の某埠頭にある運輸会社の物流センターへと旅立っていきました。
ちなみに、メーカーも違い申し込みも別だったのに、行き先はまったく同じ場所でした。

 過去ログのインデックスへ
 カテゴリ別のインデックスへ
 TOPページへ

|

« 生樽ロシアンルーレット | トップページ | グッドバイ、NIFTY-Serve! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179348/10431405

この記事へのトラックバック一覧です: グッドバイ、PC-98!:

« 生樽ロシアンルーレット | トップページ | グッドバイ、NIFTY-Serve! »