« 受水槽の番人 | トップページ | 帰ってきたフリーアルバイター »

2006年6月21日 (水)

さすらいのフリーアルバイター

このブログを始めた目的の1つに、うちのファミレスで一緒に働いてくれるアルバイトさんが一人でも増えればということがあります。
しかし、これは無理でした。
なぜなら、会社の名前や店の名前を一切出すわけにいかないからです。
ということで、この業界全体で働いてくれるアルバイトが増えてくれるように願ってブログを続けています。

さて、アルバイトの中には同じ職場で長く働き続ける人もいれば、短期間でバイトを転々とする人もいます。
往々にして、このような人の場合ファミレスでのバイトは不向きなことが多いです。
しかし中にはポリシーを持って、まるで回遊魚のように一定期間でアルバイトからアルバイトへ、さまようように渡り歩く人もいるのです。
こういう人の中に、とんでもなく能力の高い人がいたりしますから不思議です。
僕も、そういう人に何人か遭遇しました。
彼らの多くは、

人気blogランキングへ

半年ぐらい、長くても一年で店を辞めていきます。
当然僕としては引き止めるのですが、たいていの場合彼らは入社する時から期限を切っていたりします。
理由はさまざまです。
難関の資格試験に挑んでおり、毎年試験日の3ヶ月前になると退職し、不合格になると再びアルバイトを初め、翌年の受験3ヶ月前まで働く人。
お金が貯まると、バイクで長期ツーリングに出る人。
海外に行く人もいます。
ふつう、短期でアルバイトを転々としている人は面接の段階では不利です。
他のアルバイト先を、短期間で辞めた人間は、自分のところでもすぐに辞めてしまうのではないかと考えるからです。
ファミレスは、教育に時間がかかります。
なるべく長く働いてもらいたいというのが、こちらの本心です。
しかし、彼らは驚くほど早く、仕事をのみこみ習得します。
1ヶ月もすれば、ほぼ一人前になってしまいます。
そういう優秀な人材は、残ってほしいのですが彼らには彼らの事情があります。
今年の、2月にも資格試験のために店を辞めていった人がいます。
僕は、彼に言いました。
もしまた、アルバイトすることがあるなら、またここに来てもらえないだろうかと。
彼は笑いながら、落ちることを前提としているみたいで縁起でもないと言いつつ、再び戻ってくることを約束してくれました。
しかし先日彼から連絡があり、短答式試験に受かったので戻ってくることができないということでした。
彼は、これから論文、口述と2つの関門に挑む訳ですが、第1段階を突破したことは喜ばしいことです。
彼は、今こんなブログを呼んでいる暇など無いでしょうが、この場で「おめでとう」と書かせていただきます。
この上は、二度とうちの店に戻ってくるようなことはなしにして、最終合格まで行ってください。
お店の人間みんなで、応援しています。

 過去ログのインデックスへ
 カテゴリ別のインデックスへ
 TOPページへ

|

« 受水槽の番人 | トップページ | 帰ってきたフリーアルバイター »

コメント

はじめまして。
トラフィックス・エクスチェンジでの巡回でお邪魔しました。

うちの近所は大きい道路があるせいなのか和食・中華・洋食と
数多くのファミレスが存在します。
たまにそれらのお店外食するのですが月数回の来店だと、
毎回新しい店員さんがいるお店もあります。
お仕事の上手な店員さんや気配りの優れた店員さんだと
顔を覚えているので「やめてしまわれたのかなぁ」とか、
「お休みかなぁ」と少し気になる事もあります。
でも試験や旅行などご事情で短期の店員さんもおられるのですねぇ。
ちょっと納得です。

私は体力がないので立ち仕事は出来ないんですが、
多くの方がファミレスのお仕事に魅力を感じて下さる事を
陰ながらお祈りしております(^^)。

投稿: にゃんこ☆ | 2006年6月22日 (木) 06:08

はじめまして、はちと申します。
人気ブログランキングからお邪魔しました。
私もアルバイトながら、某ファーストフードの1店舗
まかされ(ちっちゃい店舗ですが)毎日奮闘中です。
苦労も多いですが、喜びも多い仕事だと思っています。
私も面接を行いますが、
面接時「今年度いっぱい働きます」といいながら、
先日「8月いっぱいで・・・」と言い出したバイトさんがいます。
内心「おいおい!」と思いながら、
そういうバイトさんには、
「また入れる時に月1回でもいいから戻っておいで」と言います。
たいてい、そういう風にいうと帰ってきてくれるんですよね。

不思議なものですよね。
また、戻ってきた後は経験ある子だから即戦力になってくれるし、楽なんですよね。もともと信頼関係みたいのもできあがっているから。
いろいろご苦労がたえないと思いますが、一緒にがんばっていきましょうね。
長々としつれいしました。

投稿: はち | 2006年6月22日 (木) 10:43

にゃんこ☆さん
コメントありがとうございます。
無機質で機械的だと言われる、ファミレスのサービスですが、
働いている人間は結構ほこりを持っています。
月に数回ファミレスを利用されると言うことですが、
それでしたら、その時間帯の従業員は、にゃんこ☆さんの顔を、
覚えていると思います。
そのことを、サービスに生かせるかどうかは、
本人の資質にもよりますが・・・
うちの店でも、特別な好みとか注意点等があれば、できるだけ覚えておいて、
対応できるように心がけています。
全ての、人間がそう言うサービスができると言えないところが、
辛いですが・・・
たまには、変わった注文をしてみてはいかがですか?

投稿: ばーど | 2006年6月22日 (木) 20:39

はちさん。
コメントありがとうございます。
アルバイトで店を任されているとは立派です。
社員ですら厳しい店長業務なのに、それを代行されているとは、
ご苦労様です。
僕も副店長の頃は、「店長」なんてお飾りだから、
店は俺でもっているんだ・・・なんていきがっていました。
しかし、なってみて始めてわかりました。
店長って大変なんだなと。
僕は大学時代は、教師になりたいと思っていたので、
アルバイトを教育する店長という仕事には、
やりがいを感じています。
そう言えば、時々高校生アルバイトは僕を呼ぶ時、
まちがえて「先生!」なんて言います。
そのたびに僕は「俺は先生じゃない!」なんて言っていますが、
内心、まんざらでもありません。

投稿: ばーど | 2006年6月22日 (木) 21:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179348/10619623

この記事へのトラックバック一覧です: さすらいのフリーアルバイター:

« 受水槽の番人 | トップページ | 帰ってきたフリーアルバイター »