« タイムラグを狙え! | トップページ | 七つのソフトを持つ男 »

2006年6月 9日 (金)

サンドイッチとナイフの関係

最近割り箸の値段が上がっています。
うちのチェーンでも値段の改定があって、一本あたりの単価が上がっています。
たかが数円のことと思われるでしょうがこの業界、お客様からいただいた代金のうち、利益として残るのはわずかです。
たとえば1000円の代金に対して最終的な利益を100円残せるのは優秀なところで、多くは数十円でしょう。
割り箸といえど、馬鹿にはできません。
最近は、和食メニューが増えているので割り箸の使用量も増えています。
ランチタイムでは、当日の日替わりランチのメニューが和食タイプだと、時間の節約のためあらかじめテーブルに割り箸をセットしたりします。
必要にない席にも箸を持っていくことになるため使用量が増えます。
今後は、こういうこともできなくなりました。

オーダーを取ると、お客様の注文された品物に合わせてシルバー(ナイフやフォーク類)を持って行くのですが、これをなかなか覚えてくれない新人がいます。
基本は洋食屋だから、ナイフとフォーク。
パスタ類には、フォークとスプーン。
和食メニューには、割り箸。
そう教えます。
しかし、なかなか融通のきかない子もいます。

人気blogランキングへ

「店長、ロースカツは何を持って行けばいいですか?」
「ナイフと、フォークだよ」
「でも店長、ロースカツって切れていますよね。ナイフって必要なくないですか」
確かに、ロースカツは揚げた後キッチンでカットされてから盛りつけられて出てきます。
しかし・・・
「もっと小さく切って食べたいお客様もいるかもしれないだろ。だからナイフも持って行くんだよ」
「そうですか、わっかりマシタ」
話はそこで終わったんですが、しばらくして再び彼女がやって来ました。
「店長、和食には割り箸ですよね」
「そうだよ・・・」
「じゃあ、ロースカツ定食はどうすればいいですか? 和食だから割り箸ですか?」
ランチタイムには時間限定で、ロースカツとライス、飲み物をセットにしたメニューがあります。
しかし、単品のロースカツと料理自体は同じものです。
「名前が変わっても、料理は同じでしょう。ナイフとフォークを持って行きなさい」
「そうですよね、リョウカイデス。お客さんから、割り箸はありますかって訊かれたんで・・・」
そう言ってお客さんのところに戻ろうとした彼女を、あわてて呼び戻しました。
「待って! お客さんから割り箸はないかって訊かれたの? だったら持っていかないとだめだよ。基本は基本であって、お客さんから希望されたら、できることはやらないと」
教えたことに忠実なのはいいのですが、臨機応変な対応がほしいところです。
しばらくして、例の彼女が先輩ウェイトレスに何か質問していました。
僕に訊くと、またあきれられるので避けたのかもしれません。
「先輩、トンカツは醤油ですよね」
先輩が答えます。
「普通は、ソースでしょう」
「でも、うちは醤油ですよ。そのほうが絶対おいしいと思うんですけど。醤油も持っていっていいですかね?」
「かまわないと思うけれど。テーブルが狭くなければ・・・」
やれやれ・・・

数日後、再び彼女が僕のところにやってきました。
「店長、サンドイッチにナイフとフォークを持って行くのはどうしてですか? フライドポテトが付いているから、フォークは分かるんですけど、ナイフは? サンドイッチをナイフで切っている人は見たことがないんですけど、必要ですか?」
うーん、彼女も馬鹿ではなかったみたいです。
鋭いところに気づきました。
実はこの疑問、僕も新入社員の頃不思議に思っていたんです。
ナイフなんて使わないよな。
そう思っていましたが、ある日上司である店長に訊きました。
答えは、ナイフはサンドイッチを切るためではなく、マスタードをパンに塗るために使うんだというものでした。
なるほどと感心したのですが、今考えてみると何だか怪しいような気もします。
やっぱり、必要ないですよね。
パスタに、フォークとスプーンを持っていきますが、本場イタリアでは、フォークしか出てこないのが当たり前だそうですし・・・
ただ、フランスやアメリカではスプーンも付いてくることが多いらしいです。

まぁこれは根拠があるからいいんですが、サンドイッチの件は自分で確認したわけではないので、今ひとつ自信がありません。
実際にそんな使い方をしている人を見たことはありません。
しかし、店長として知らないとは言えません。
僕は、さも自信たっぷりであるように言いました。
「それはね、サンドイッチを切るためではなくて、マスタードをパンに・・・」

 過去ログのインデックスへ
 カテゴリ別のインデックスへ
 TOPページへ

|

« タイムラグを狙え! | トップページ | 七つのソフトを持つ男 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179348/10440207

この記事へのトラックバック一覧です: サンドイッチとナイフの関係:

« タイムラグを狙え! | トップページ | 七つのソフトを持つ男 »